さいたま市浦和のダイビングプロショップ
〒330-0064埼玉県さいたま市浦和区岸町4-2-18赤澤ビル1F 048-832-2522
HOME 初心者コース ツアー ステップアップコース 器材メンテナンス アクセス 問合せ
 藺灘波イナンバ & 銭洲ゼニス   TOPページ
  ライセンス取得コース
  コースの流れ
  沖縄コース
  Trevallyツアー
  CLUB トレバリー
  ステップアップコース
  Photoギャラリー
  お勧めダイビンググッツ
  資料請求

藺灘波(イナンバ)も、銭洲(ゼニス)も、行ければラッキー!潜れればラッキー!

そんな海です。

 伊豆諸島の幻の秘境ダイビング

行き方は神津島または下田から船をチャーターするしか方法がありません。

トレバリー流は神津島へ渡り、神津島の船をチャーターしています。

チャーター船は航海登録をしている許可船のみ利用可能です。

風、波、流れ次第で、航行できないこともたびたびです。

冬は季節風により遊漁船の航行は禁止となります。

流れあり、回遊魚あり、大物ありの海です。

十分な経験と知識を積んで、ドリフトの道具を準備して気をつけて潜ってください。

 藺灘波(イナンバ)

藺灘波(イナンバ)は神津島より、南へ60kmの海上にあります。

神津島より片道2時間、下田からだと片道5〜6時間の行程です。


深度1,600mからそそり立つ岩が藺灘波島(イナンバ)です。

一周は100m程、標高は75mとそれほど大きくはありません。

島というより、岩という感じです。

カツオドリが多く棲んでいます。



周囲はどん深で、根から離れるとすぐに深くなります。

東側に浅い根があります。

藺灘波(イナンバ)の船上では八丈島、八丈小島、御蔵島、三宅島がよく見えます。

藺灘波島(イナンバ)は戦後、昭和38年まで米軍の射撃訓練の的になっていたそうです。

そのせいで北側の頂上が削れています。

水中には多くの鉛の弾が今も沈んでいました。


藺灘波(イナンバ)周囲に何もないので潮の流れは速いです。

東側の浅根が流れの陰になっている状況以外はダイビングポイントはありません。

藺灘波(イナンバ)で見られる魚はシーズンによって違います。

ナメモンガラ、ヒレナガカンパチ、ヒラマサ、シマアジ、タカベ、ムレハタタテダイ、ユウゼン、キハダマグロ、ツムブリなどです。

  2008年 7月 11日 藺灘波(イナンバ)のダイビングコース


ヒラマサの1mが30匹も一度に現われ感激でした。

ここのヒレナガカンパチはダイビング中最後まで付き添って泳ぐ、可愛いやつです。

大きなムレハタタテダイの群れは意外でした、こんなにいるなんて黒潮の影響が大きく、水温があまり下がらないのだろうと思います。

クチジロイシダイも大きく数多く棲んでいます。

藺灘波(イナンバ)の東根には砲弾の残骸が岩と化していました。

水温 水面23度 水底20度 。

透明度 15m〜25m。

銭洲(ゼニス)

銭洲(ゼニス)は神津島より、南西へ36kmの海上にあります。

神津島より片道1時間半、下田からだと片道3時間半〜4時間の行程です。

3か所の岩礁群からなっています。

昔、魚が沢山獲れて銭になった事から銭洲の名がついたと聞いています。

ヒラッタイ岩礁群とネープルス岩礁群を中心に北東へ2,5kmにダルマ岩礁群。

標高はあまりない、低い岩場の岩礁群。

西側が深く、東側は比較的浅いです。

どのようなコースをとるかは、流れの状況、波、風、メンバーの技術度、船長とののミーティングによって決めましょう。

ヒラッタイ エビ根 ネープレス

2008年 7月 12日

銭洲のダイビングコース

流れもさほど強くなく、北西風はやや強いものの意外と穏やかな日、水温26度、深い所は19度。

暖かい深度20mまでは透明度良く、20〜25m。

冷たい深度20m以深は緑色の冬の色をしている、透明度10〜15m。

  2008年 7月 12日 1本目ヒラッタイ・エビ根  2本目ネープレスのダイビングコース


1ダイブ目

銭洲(ゼニス)ヒラッタイを狙いました。

外ヒラッタイの潮上よりドリフト。

全体に浅場のポイントです。

キンギョハナダイの群れが岩の角に舞う、太陽の光に煽られ、きれいです。

外ヒラッタイの角あたりで沖をキハダマグロの子供らしい群れが通る。


2ダイブ目

銭洲(ゼニス)カドを狙いました。

石山根より潮に乗りドリフト。

カドには見事に魚が群れているのでゆっくり見物しました。

大メジナの群れがカドのサラシでぐっちゃり、グレ釣師にはたまらないだろうな〜。

シラコダイの群れはうねりに合わせて踊っている。

子カンパチの群れが挨拶に来ました。

ダルマ コダルマ

    3本目 ダルマ 〜 コダルマのダイビングコース


3ダイブ目

銭洲(ゼニス)ダルマ岩礁群。

とろとろ流れなので小ダルマから入り、潮表を大ダルマまでドリフト。

小ダルマ付近の水底は26m。

潜降してすぐに1mの大マダイがやってきました。

小ダルマから大ダルマへは予想どおりの緩やかな流れでした。

水底は30m前後。

大きな丸い岩が点在するその岩の頂上から頂上へ、空を飛ぶ感じでドリフトです。

流れがあれば回遊魚も出そうだが今回は期待薄。

大ダルマに到着後、ここでも回遊魚を待つが流れなく、空振りに終わる。

キンギョハナダイの群れだけが7月の日差しを波に合わせながら楽しんでいるようでした。

大ダルマの側面は垂直に切り立ち、少し離れれば60mまで落ち込んでいます。

以上、2008年7月、藺灘波 & 銭洲の報告です。

プライバシー STAFF募集 会社情報 MAP サイトマップ