夕飯は海鮮ものが食べたい

何にしようか

マグロかサーモンでも買って帰ろうか?

休みの日のお仕事は夕飯づくりだ。

大型魚類専門店に寄って見ると年末の混雑がウソのように駐車場がガラガラに空いている。

店に入っても人は少なく閑散とした感じ、時間も夕方なのでお客が少ないのか?

カツオbonito

魚を見ていくと目に入ってきたのはカツオの切り身だった。

鮮度も上々、色も明るい。

よい大きさのカツオのサクだ。

下りガツオ

今の時期なら金華山沖まで昇って下がってきた下りガツオのはず。

大きく太り、脂も乗ってきっと旨いはず、値段もそこそこ。

これに決めた。

激うま!カツオ海鮮ちらし

酢めしづくり

家に帰るとごはんを炊き、酢めしづくりを始める。

やや硬めに炊きあがったごはんを蒸らし、大きめのボールに移し、ごはんをほぐす。

すし酢を全体にゆっくりかけ、米を潰さないように優しく混ぜる。

余熱をとりまだ暖かいうちに底の深くない器によそう。

ごはんがキラキラ輝いてとても奇麗、味もあまく良い感じ。

酢めしは完全に冷めたものより、温かいほうが美味い。

下ごしらえ

表面を平らにならしたらオニオンスライスをひく、そしてゴマをかける。

カツオにはことのほか玉ねぎの味が合う。

薄く切った玉ねぎは水に晒さず、そのまま使う。

鹿児島のトカラ列島へ行ったときに船長に教わった。

ゴマは見た目もと気持ち。

娘の分はオニオンスライスなし、辛くて嫌だと言う。

ゴマだけをパラパラ。

いよいよカツオにとりかかる。

カツオのたたき

カツオは刺身も良いがやっぱりたたきの方が香ばしくて美味しい。

今回残念ながら皮はすでにないがそれでも脂がのっているはず。

水分をとるために軽く塩をふる。

フライパンの上にのせ、ガスバーナーで炙る。

皮もないのにパチパチ、出るわでるわ、脂がにじみ出てくる。

フライパンに流れているのは水ではなくカツオから出た脂だ。

これで皮がついていたらどれほどの脂があったのだろう?

バーナーは表面だけを強く炙る。

焦げても良いけど中まで火が入るほど長い時間炙ってはいけない。

脂が燃えて良い香りが出てくる。

片面だけでなく両面炙る。

皮側はきつめに炙り、内側は軽く炙る。

炙り終わったら熱が中に入らないように冷水で冷やす。

今回は水っぽくならないようにビニールへ入れてからを冷やした。

こうすれば直接水が身にあたらない。

一口に切る

冷えたら食べやすい大きさに切る。

20枚の刺身ができた。

表面は白くしまり、表側だけ焦げた香りがする。

盛り付ける時には天ぷら用の菜箸が使い易い。

先端が細いので綺麗に盛り付けられる。

盛り付け

どうだろうか。

カツオのたたき海鮮ちらし、のりをちらして出来上がり、娘バージョン。

そしてこれが私の分、真ん中にはカキのオイル漬けを載せてみた。

良い感じだ。

完成

汁物と並べてみた。

醤油はやはりニンニク醤油がカツオにはピッタリ!

なんだけど明日、臭いでヒンシュクをかいそうなので最初の半分だけニンニク醤油にして、残りはワサビ醤油で食べることにした。

一口食べてみるとカツオ、玉ねぎ、酢めし、ニンニク醤油がたまらない。

やはりカツオと玉ねぎは絶品!

酢めしも甘く望んでいた海鮮ちらし、ワサビ醤油味も問題ないうまさ。

簡単なので刺身が手に入ったらやってみて下さい。