千葉県館山外海、伊戸のダイビング

朝ぼらけ

北風強く、午前中曇り昼から雨になる天気予報。

朝まだ暗いうちに出発する。

1週間前の暑さはどこへ行ったのだろう、肌寒くて上着を羽織って家を出た。

曇りという割には雲は薄く、青空が覗いている。

東京アクアラインのトンネルを抜け、海ほたるを後ろに見る。

予報通り北風だ、そこそこ強く吹き流しが揺れている。

房総半島縦貫道を通り、館山の外海に着く。

アカエイとドチザメ、クエ

今回のポイントは伊戸のボートダイビング、アカエイとドチザメ、クエを見に来た。

といっても餌付けを見るだけではなく、自分で出来る。

水着に着替え、ウエットスーツを着ると港へ徒歩1分。

スキューバの準備をして船に乗り込む。

ダイブコンピューター以外すべてがフルレンタルというのには訳がある。

台風が原因

本来なら石垣島にいるはずだった。

波、うねり、帰りの飛行機の件などもろもろ有り、取りやめとなった。

わざわざ日程を合わせてやってこなくても良いものを、台風が憎い。

といっても始まらない。

そんなわけで急遽この伊戸ボートダイビングに憂さを晴らしに来ることになった。

なので全器材がまだ石垣島からの帰宅途中なのだ。

いつもより着にくいウエットスーツ、慣れていない器材、どれもちぐはぐに感じる。

流れあり

ロープ必握

港から5分ほどで沖のポイントに到着、船からのエントリーにはガイドロープを握る。

着水と同時にロープを手繰って係留ブイまでいき潜降ロープに持ち替え潜っていく。

流れに逆らいながら潜るにはこのロープが欠かせない。

ロープがなくては皆バラバラの地点に潜降し、予定のポイントへたどり着けない。

そうアカエイ、ドチザメ、クエなどの魚が集まっているのはブイの下、アンカーの近くだ。

よいぞ透明度

水面から水底が見える。

透明度が良い、20mオーバー。

水温も暖かい、水面で26℃、水底で23℃。

水底に到着する前から大物が見える。

大物

サメ、エイ、クエ、コブダイなどが砂地を回遊している。

着底すると少しの流れがあり気持ち良い。

遠くまで見え、とても綺麗だ。

今日の朝獲れたサバを手にする。

じゃれるアカエイ

でかい

早速大きなアカエイがやってくる。

座布団よりも大きい。

厚みもあり重そうな感じだ。

臭いを頼りにやってくる。

感で齧る

目は上にあるが口は下側、エイにとって口元が見えないので感でエサをくわえる。

前からだけでなく、横からも、後ろからもやってくる。

頭の上にも乗る。

まるで三度笠を被ったような感じになる。

可愛いのですけど

最初はびびるものの、ここまで警戒心なしに近づいてくると可愛くなってくる。

アカエイは尾の付け根にウエットスーツを貫通するような毒棘がある。

けれどここのエイに刺す気はない。

エサを自分から求めてやってくるので敵対心がない。

それでも尾には触らないよう注意が必要だ。

エイのオスとメス

ここにいる大型のアカエイはすべてが雌、小型のエイは雄だ。

大きさで雌雄を見分けても問題ないぐらい一致する。

エイは卵胎生で交尾をする魚だ。

ということで生殖器が有り、雄はそれが外部に出ている。

尾の付け根に2本の生殖器が有るのが雄で生殖器が無いのが雌だ。

エイの大きさで生殖器の有る無いがだいたい決まっている。

ドチザメも

実はドチザメも卵胎生で交尾をする魚だ。

こちらも生殖器が有る。

エイに慣れてきたらドチザメの雌雄を見分けるのも面白い。

ぜひ、一緒に伊戸の海に潜ってアカエイ、ドチザメ、クエに餌付けをしてみてはいかがだろう。

そして雌雄を見分けてみては。