今日も猛暑

熊谷で41.1℃

またまた猛暑連続。

昨日には埼玉県の熊谷で41.1℃の観測史上最高温度を観測した。

この一週間で熱中症で病院に搬送された人は2万2千647人もいる。

このうち65人が亡くなった。

搬送された地域で多いのは東京都で最多1979人、愛知県1954人、大阪府1779人、埼玉県1617人の順。

各自で冷やそう

気温が高すぎるので各自で頭を濡らしたり、水を浴びたり、水分を補給したり、体温を上げない工夫をすることが必要だ。

川でも海でも入って体温をさげる。

足だけでも水に浸けていると気持ちが良い。

もちろん全身濡らせればなおよい。

水道水でも構わない。

適宜、体を濡らして涼をとって欲しい。

潜って涼をとる

福浦

そして今回私が涼みに行ったのは神奈川県足柄郡福浦海岸だ。

真鶴半島の付け根、西側になる。

対面には湯河原、伊豆山、熱海から伊豆半島が見える。

沖には初島も浮かんで見える。

この海には天然記念物のサンゴイソギンチャクの群生地もある。

陸上にいると直ぐに汗ばんでくる。

暑いから直ぐにダイビング

早速タンクにレギュレターとBCDを取り付け、ウエットスーツにマスク、フィンを着けたら準備完了。

台風のうねりもあまり気にならなくなった海へ入る。

水温は23~25℃、水中は涼しく気持ち良い。

魚達は元気

魚達は元気でぬるい温泉にでも入っているようなのんびりした雰囲気だ。

ネンブツダイ、ホンベラ、キューセン、ササノハベラ、ソラスズメダイなどが泳ぎ回っている。

ハコフグの赤ちゃんも2匹で遊んでいる。

そんな海底で目立つものを発見

シロハナガサウミウシ

久しぶりに見たシロハナガサウミウシ。

それもかなり大きい、7~8cmある。

これだけ目立つのだから見つかるのもあたり前だ。

ラッキーと思いながら写真を撮る。

ラッキーでない

けれどそれはラッキーでは無かった。

先に進むにつれ、シロハナガサウミウシが多くなる。

所どころにまとまっている。

ユビノウトサカ(ソフトコーラル・サンゴの仲間)がいる所に必ずいる。

崩れるユビノウトサカ

そしてユビノウトサカが白っぽく溶けている。

何か変だ?

ユビノウトサカに元気がなく、破壊されているような雰囲気。

ユビノウトサカが覆っていた岩肌が剥げている。

そしてシロハナガサウミウシが何匹も重なっている。

これはもしかすると?

捕食

シロハナガサウミウシがユビノウトサカを食べている。

何匹ものシロハナガサウミウシがユビノウトサカを襲っている。

場所によっては何十匹ものシロハナガサウミウシが重なり合いながらユビノウトサカをゆっくり食べているように見える。

大きなユビノウトサカの半分ほどが既に食べられて岩肌が剥き出しになっている。

シロハナガサウミウシが大繁殖している。

この岩の下にもシロハナガサウミウシが所狭しとぎゅぎゅうに入っていた。

今までこんな光景を見たことがない。

この場所では何匹のシロハナガサウミウシが集まっているのか?

10匹以上はいるようだ。

ユビノウトサカの半分以上は既に食べられている。

これだけ多いとさすがに気持ち悪い雰囲気だ。

天使も沢山集まれば悪魔

一匹いっぴきはこんなに綺麗でエレガントな感じもするのに。

このままでは福浦のユビノウトサカは食べ尽くされてしまうのではないだろうか。

ユビノウトサカが無くなれば増えすぎたシロハナガサウミウシに食料危機が襲う。

陸上の暑さをすっかり忘れて見いっていた。

 

Go Dive!