大雨、洪水、氾濫、崖崩れ

被害大きく

恐れていたとおり大雨は続き、各地に大きな被害を出した。

崖が崩れて家が押しつぶされた。

今も家屋の下敷きになり消息の分からない方がいる。

川の水が氾濫し家ごと流されてしまった。

家が土砂で水浸、今も屋根などで救援を求めている。

車が泥水に水没して使用出来なくなった、何代の車がダメになったのか。

野菜も育たない

もちろん作物の影響も凄いことになる。

泥水に覆われた田畑は全て全滅してしまう。

野菜の値段も上がってしまう。

洪水地区ではJRも運転を休止している。

生活物資、雑貨、機械部品や私のバッグも今なお届かない。

沖縄、九州、山陰山陽、四国、近畿、中部、東海、北海道の被害に合われた方にお見舞い申し上げます。

また事故で無くなられた方の御冥福をお祈りいたします。

早く通常の生活に戻れるように祈っております。

江之浦の海況

3日続いた大雨

昨日は昨晩の豪雨を心配しながら曇りの中、定例会で神奈川県の江之浦で潜って来た。

途中相模川と酒匂川、早川を渡った。

洪水になるほどではないが茶色い濁り水が増水していた。

海岸沿いに出た瞬間、海の色が目に飛び込んできた。

波もウネリも無く、凪の状態だ。

しかし、嫌な水の色をしている。

黄緑に泥が混ざったような色が沖合3~4kmへ続いている。

そして沿岸沿いに広がっている。

江之浦もバスクリーン

江之浦に到着しても海の様子は変わらない。

3日間続いた大雨は台風後に似た濁水を海原へ放出した。

駐車場の源さんは昨日の昼にこの濁った潮が入って来たという。

バスクリーンを入れたように緑色化してしまった海。

雨雲は北へ流れる

雨雲は伊豆半島の天城山から箱根へ尾根を横に流れていく。

小田原や相模湾側には降りてくる気配はない。

東側には青空すら見える。

箱根山の南西側では大雨が降っている。

江之浦で潜る

視界不良

目の前の海に集中しながら準備を進める。

潜降すると水面下1mぐらいまでは透明度1m、ほとんど見えない。

ガイドロープに沿って沖へ向かう。

水温は21℃、例年通りの水温だ。

あと3週間もすると23℃まで上がりそうだ。

沖を流れる黒潮の水温は27℃、こちらに向かって流れてくれれば海も夏の水温に変わる。

深度4mで透明度2m、少し離れると迷子になる。

大介登場

そんな中、イシダイの大介が直ぐに表れた。

他にダイバーはいない。

さすがにこの透明度ではダイビング講習もダイビングツアーも楽しめない。

大介は最初から最後までピッタリついてきた。

海は貸し切り

そんな透明度でもオニカサゴ、カサゴ、キイロウミコチョウは普通に見られた。

 

美味カサゴ

 

キイロウミコチョウ 頭の黒いスワン

そして沖の三角岩のヤギには紫色のお客様

先月に続いて今月もいたスミゾメミノウミウシ。

この子たちに透明度はあまり関係ないのだろう。

アオリイカのハッチアウト

最後はアオリイカの産卵床で赤ん坊が生まれる姿を1年ぶりに確認。

親のアオリイカは既にいない。

卵から孵化したばかりのアオリイカの赤ちゃん

様子

孵化した瞬間から泳ぎ始める。

外敵の少ない、水面へと向かう。

既にイカの容姿をしている。

一人前に墨も吐く。

大きさは8mmほどだ。

写真は右が頭の先端、右向きに横になっている状態。

目もあるし、短い足もある。

栄養玉

大きな栄養玉も抱えている。

しばらくはこのお弁当で生きていくのだろう。

水面に辿り着く前にネンブツダイに捕食されてしまう。

1年で育つ

運良く生き残れた赤ん坊hは最初にプランクトンを食べ、9月末頃にはコロッケサイズに育つ。

11月にはネンブツダイを餌として逆に捕食する大きさになる。

1年後の来年5~6月には60~100cmの大きさまで育ち、卵を生むと伊豆近辺のアオリイカはその命を全うする。

しかし、死んだアオリイカを水中で見たことは一度もない。

不思議なことだ。

 

Go dive !