まだ喜界島にいたはずなのに

卵から台風へ

昨夜の最終便で帰ってきた。

6/28の朝出発する時には何もなかった。

けれど喜界島に到着して夜になると台風の卵がパラオ上方に出来ていた。

翌日6/29に熱帯低気圧となりジワリじわりと沖縄方面に近づく。

当初2日後の明け方に奄美大島の西を通過する予定だった。

喜界島は奄美大島から東へ40kmしか離れていない。

のんびりからガツガツダイビング

のんびり1日2ダイブ潜る予定を1日3ダイブ潜ることで合計本数の帳尻を合わせ、2日間で6本潜った。

風は南東の強い風が続き、潜れるのは島の西側だけだった。

けれど潜るポイントはすべて風の影響が無く、ベタ凪の状態。

運良く問題が無ければ7/1も潜り、予定通り7/2今日の2便で帰ってくる予定だった。

けれど台風が来るのが遅すぎた。

ゆっくりゆっくり北西へ上がってくる。

台風がくる、でも天気

おかげでダイビング中は天気にも恵まれ、本当にこれから台風が来るのだろうか?

と疑問にさえ思ってしまう。

そして7/2に喜界島に最接近の予報、さらに経由地の鹿児島空港方面に台風は北上し、飛行機の欠航が濃厚となった。

急遽帰ろう

決断するなら今

食事前から喜界島空港へ電話をかけ確認をすると本日7/1の午後便に若干まだ空席があるという。

台風の影響なので変更も可能との事だ。

今日もダイビングする予定だったが急遽帰路の準備に変わった。

喜界島pm05:45発、鹿児島を経由して羽田へ。

羽田到着はpm10:00、たぶん自宅に到着するのは夜中12時前後。

干して乾かす

まだ半渇きのウエットスーツと器材を日当で干す。

干したウエットスーツにとまっていた玉虫色の虫

天気が良く暑いが南に濃い積乱雲があり、1時間後には横殴りの雨が降ってきた。

南国のスコール、あっというまに水浸し、バケツも水でいっぱいになっている。

20分ほどで晴れてきた。

また天気に

青い空ときつい陽射しは、今さっき降った雨を忘れていたように路面を乾かした。

その後、雨は全く降らず喜界島を出発するまで晴れは続いた。

スギラビーチも凪

よんとうに台風は来るんだよな?

今の天気に騙されてはいけない。

コロコロ変わるのが台風の天気だ。

今の台風位置

そして今、7/2のpm04:00

強い台風 第7号
7月 2日16時現在
奄美大島の西約210km
北緯28.4゜東経127.4゜
速度 北へ20 km/h
中心気圧 965 hPa
最大風速 35 m/s
最大瞬間風速 50 m/s
暴風半径(25m/s以上) 90 km
強風半径(15m/s以上) 南東側 500 km 北西側 280 km

7月 2日17時
強い台風
奄美大島の西約210km
北緯28.6゜東経127.4゜
速度 北へ20 km/h
中心気圧 965 hPa
最大風速 35 m/s
最大瞬間風速 50 m/s

まだ喜界島に残っていたら

965hPaと大きくなった台風が風速50mの風と雨で島を襲っている。

喜界島に残っていれば間違いなく飛行機は欠航、監禁状態、危険なので外にも出られない。

何もできない時間に拘束されていた。

ちなみにカメラが故障して水中画像は撮れなかった。

 

Go Dive !

喜界島にいたはずなのに台風7号の影響で早帰り 547

投稿ナビゲーション