自分で見つける楽しみ

第2候補

透明度が悪い時に捜すのはオニカサゴだけではつまらない。

第2候補でピッタリしたものがある。

中層を泳いでいたらまず捜し見ることが出来ない生物がいる。

とても小さい

その大きさは現在2~3mmほどだ。

大きくてなっても5mmが最大だ。

そんな小さな生物に興味が持てない人もいるだろう。

けれど意外と可愛い。

見つけられたら感激

そして自分で見つけられた時はとても嬉しいものだ。

最初に1匹を自分で見つけられると2匹目、3匹目と続けて見つけられるようになる。

それがこの黄色いウミウシだ。

江之浦周辺にいるのは真黄色で触角とお尻の先端が黒い。

小さな黄色いウサギのような形にも見える。

キイロウミコチョウ

キイロウミコチョウと言う名前のウミウシだ。

小さいながら非常によく動く、小さいのでパッと見では解らないが着底してジックリ見ると動いているのが見える。

倍率5x以上のルーペとライトを携帯していくと役に立つ。

ここにもまた1匹いた。

夫婦二人で協力した写真

KMさんの写真

今回もKMさんの撮影した写真だ。

撮影はミラーレス一眼レフのマクロモードで撮影しているけれど被写体があまりにも小さい。

そこでINONのマクロレンズを2枚重ねを装着し、外部ストロボをつけて撮影している。

それでもこの大きさだ。

ピントがバッチリ合って撮れたらとても嬉しくなる。

全部で7匹ぐらいは撮影しただろうか。

夫婦で分担

キイロウミコチョウを捜すコツを覚えたKMさんの奥さんは2回のダイビングでキイロウミコチョウをひとりで10匹以上を見つけていた。

奥さんがキイロウミコチョウを見つけるとKMさんに教えて撮影する。

分業撮影だ。

夫婦仲良く揃っての水中撮影、パソコンで見るのが楽しみだ。

その撮影の中でピントが合うものが何枚か出てくる。

それをトリミングする。

ジャスピン!

このように見事な写真になった。

黄色い体をスカーフで覆い、長いスカートを引きずりながら歩いている。

触角の黒い部分も、お尻の黒い丸ポチもハッキリ解る。

お尻の黒ポチは尾っぽのようで可愛い。

今まで知らなかった見たことのなかった世界が見えてくる。

幸せのyellowダンサー

ちなみにこのキイロウミコチョウはいつも水底を這っているが稀に中層を泳ぐことがある。

全身を使って泳ぐ、スカーフを大きく広げ、スカートをひらひらさせる見事なダンスに目を奪われる。

まるで黄色いコロボックルがダンスをしているようだ。

全身運動は疲れるのかダンスは長くは続かない。

ダンスを止めた体はゆっくりと水底に落ちていく。

あまり見られない珍しいシーンなので見つけたらダンシング中に夢を祈ってみよう、良い事があるかもしれない。

Sea slug dream.

 

Go Dive !

透明度の悪い時の第二のターゲットはyellowダンサー 545

投稿ナビゲーション