トゥナカの瀬 後半

ツマグロモンガラ

緩やかな流れに逆らいながら深場へと移動する。

アカヒメジの群れをかきわけながら深度16mのサンゴ岩を目指す。

途中60cmはあろうかというツマグロモンガラに出会った。

今の名前はゴマモンガラという。

幼魚の時期に白地にゴマを散らしたような模様だということで名前を変更されてしまった。

ゴマモンガラの襲撃

このゴマモンガラは産卵期になると粗い砂地にペアーで洗面器状の穴を掘り産卵をする。

卵を食べにくる相手には容赦なく攻撃を加える。

ダイバーが近くを通ると襲ってくる。

デカイ体で近づき、丈夫で大きな歯で噛みつくのだ。

噛みつかれる場所はアキレス腱か首の後ろだ。

見えない角度で襲ってくる。

グループで潜っている場合は小柄な女性が襲われるケースが多い。

通常は何もしない

ただし、これは産卵期だけで通常は何もしない。

襲ってきたゴマモンガラと今まで3回ほど戦ったことがある。

噛まれはしなかったが相当にしつこい性格だ。

後日の機会に話をしよう。

今回は近くへ寄るのが怖くて、写真は撮らなかった。

魚のアパート

パープルが目を引くハナゴイ

目的の岩に到着する。

色々な魚がこの岩にも集まっている。

最初に目立ったのはこのハナゴイだ。

水中でも見るハナゴイは全体にパープルで実に素晴らしい。

ストロボを発光させると今一自然に見た色がだせない。

江之浦でも見るミゾレチョウチョウウオ

ミゾレチョウチョウウオは秋になると伊豆や江之浦でも幼魚が見られる。

南で生まれた子供が黒潮に乗ってやってくるのだ。

水温が下がると死んでしまう。

ここではフルタイムに顔を見せてくる。

チョコチョコよく動くアカハラヤッコ

アカハラヤッコは全体が赤い、とくにお腹は赤が濃い。

鱗の先端の黒点も印象的。

あちらこちらに棲んでいる。

伊豆近辺では見られない。

横文字ヘラルドヤッコ

ただ真っ黄色という感じのヘラルドヤッコ。

黄色で実によく目立つ。

でも素早くなかなか写真を撮らせてくれない。

夜叉

正面から見る牙が出ていてちょっと怖い顔のヤシャベラ。

牙が出て夜叉のようだからこの名前がある。

名前の割には何も悪さをしない。

ミナミハタタテダイ

ハタタテダイの仲間でミナミハタタテダイ。

よくペアでいることが多い。

相手がいまだに見つからないのか?

サンゴに埋もれるシャコガイ

シャコガイもサンゴ岩に定着した住人だ。

大きさは40cmほど。

大きくなるものは1m以上、数百kgの重さになる。

人気者のモンガラカワハギ

人気者のモンガラカワハギも登場。

綺麗というか、派手というか、何のための色柄なのだろうか?

けれど食味は美味しいらしい。

ウメイロモドキか? ウメイロか?

ときおり岩の上を群れでやってくるきれいなウメイロモドキ。

ウメイロモドキとウメイロは何処が違う?

胸鰭の付け根にある黒点が見えること、背ビレが透き通っていない、そして黄色く見えるのがウメイロモドキの特徴だ。

ウメイロよりウメイロモドキの方が綺麗。

両方とも味はgood。

大御所ニシキヤッコ

大型ヤッコ御三家の1匹、ニシキヤッコ。

まだ子供だけど彩色は親と同じで十分ニシキヤッコ。

大御所タテジマキンチャクダイ

大型ヤッコ御三家の2匹目はタテジマキンチャクダイ。

ストライブの方向がニシキヤッコとは逆。

3匹目のサザナミヤッコもいたが近づくことが出来なかった。

これだけ色々見られればラストダイブとしては申し分ない。

心残りはあるもののまた来年を楽しみにボートに上がった。

 

Go dive !