2日間のダイビングはあっという間

Lastダイブ

いよいよケラマLASTダイブ。

2日間のダイビング日程はあっという間だ。

名残りを惜しむ暇もなく明日には帰らなければならない。

最後のダイビングポイントは何処になるか?

阿真海岸の外れまでいくがチェックダイブをした結果ポイントチャンジ。

安慶名敷島(アゲナシク島)に方向を変えるが先に阿嘉島のダイビングポートが到着。

3回目のポイントチェンジ。

トゥナカノ瀬

結局、安慶名敷島と嘉比島の中間にある沈み根、トゥナカノ瀬(戸中の瀬)で潜った。

島と島の間なので流れも少しある。

深度10mの水底に到着すると大きなサンゴの岩があり、色々な大物が棲んでいた。

根の上ではイソギンチャクとセジロクマノミ

口から頭、背ビレを通って尾に向かって1本の白い線が入る。

大きさと形はハナビラクマノミに似る。

セジロクマノミの体色は何処でも決まってオレンジだ。

他の色は見かけない。

サンゴ岩の下穴

サンゴの岩の下は穴になっており、色々なものがいた。

アジアコショウダイの子供

左側の白地に黒い模様はアジアコショウダイの子供。

大きくなるとこの黒い模様は無くなり、銀の体全体に胡麻点模様となる。

伊豆半島や房総半島でも見られ、水揚げもされている。

房総半島では寿司ネタにもなっている。

ウマヅラのヘラヤガラ

右側のウマヅラはヘラヤガラ。

英語ではトランペットフイッシュと呼ばれる。

この細長い口でデバスズメダイなど小型の魚をストローで吸うように食べる。

体が真黄色な個体もいる。

関東の海では滅多にお目にかかれない暖海系の魚だ。

見ていると他にもこのサンゴの穴には色々な物が棲んでいた。

イシガキダイ

大きなイシガキダイもいた。

イシダイの暖海系タイプだ。

江之浦のダイスケの親戚だ。

イシダイの模様がボーダーストライプなのに対してイシガキダイは細かな石垣模様だ。

大きくなると口が白くなるので大きなイシガキダイをクチジロと呼ぶ。

イシダイは大きくなると口が黒くなるためにクチグロと呼ぶ。

穴の奥で写真は撮れなかった。

赤くないアカヒメジ

根の近くにはアカヒメジが群れていた。

赤くない、黄色い線が入っているアカヒメジ。

何か詐欺にあったような名前だ。

けれどアカヒメジは興奮すると赤く色を変える。

夜行性で夜には赤く色を変え水底のエサ場をあさる。

また、死んでも体を赤く変色させる。

ゆえに今見ている写真が黄色っぽく見えてもアカヒメジなのだ。

アカヒメジはオジサンの仲間でもありアゴの下に2本のヒゲがある。

このヒゲは味の分かる味蕾で砂や瓦礫の中のエサを捜すときに使う。

真っ暗な夜でも十分役に立つ。

 

Go Dive !