帰りは浅い場所を

Red Headを追え

後半は浅い場所をボートまで戻る。

イロブダイの子供がチラチラサンゴの隙間から出たり入ったり。

体は白く頭が赤い、Red Head。

何のためにこんな配色なのなのか?

答えは今も解らない。

写真は撮りたいが写真が撮れる距離まで近づくとサンゴの影へ入ってしまう。

何度か挑戦したがモデルにはなってくれなかった。

親になるとまったく色が変わる。

オスはカラフルなグリーン系、、メズは地味なカラーで網々模様が入る。

このポイントではメスは何匹も見るがオスには会えない。

まだ時期が早いのだろう。

最多出現コナユキツバメガイ

今回、何匹も見たのがこのウミウシだ。

名前はコナユキツバメガイ。

名前にカイがつくがウミウシだ。

貝もウミウシも軟体動物で同じ仲間になる。

粉雪というわりには白くない。

薄く先端部分に粉雪がかかっていると想像するのか?

それにしても良く動く。

移動するスピードはナメクジより速い。

ユキヤマウミウシ

こちらはユキヤマウミウシ。

山の尾根が連なって頂上部分だけ雪が薄っすらかかっている感じ。

動きはいたって遅い。

ナメクジの方がはるかに速い。

目立つのでいれば直ぐに見つけられる。

やっぱり可愛いハタタテハゼ

人気者のハタタテハゼ

だいたい見つける時は2匹のペアーでいる。

自分の棲む穴の上でホバーリングして流れてくるプランクトンなどを食べている。

棲家の穴はテッポエビが作り、ハタタテハゼは見張り役だ。

敵が近づくと長い背ビレを細かく動かし、危険を感じると巣穴に入ってしまう。

ハタタテハゼを撮る時はいつも駆け引きだ。

ハタタテハゼを撮るには

離れた場所でカメラ、レンズ、ストロボの設定は済ませて、次はゆっくり近づく。

上から近づいては直ぐに穴へ隠れるので、横から水底を這うように近づく。

息を吐く泡も出来るだけ小さく静かに吐く。

止まってはわずかに寄り、また止まる。

背ビレの動きが早くなったら少し後ろへ下がる。

これを時間をかけて繰り返す。

いきなり近寄って撮ろうとしても無理。

彼ら、彼女らには命のかかった生活なのだ。

遊びじゃない。

 

Go Dive !

ケラマ3ダイブ目 コナユキツバメガイ、ユキヤマウミウシ、ハタタテハゼ 534

投稿ナビゲーション