いよいよゴールデンウイーク後半

出発は早い

5月3日、午前04:00西伊豆に向けて車を走らせる。

雨は大降り、昨日までの良い天気とは正反対だ。

海も西風が強くなり荒れ模様という予報。

明るくなってきた空は、どんよりと灰色の雲で覆われている。

嵐と渋滞

ゴールデンウイークの嵐も珍しい。

土砂降りで横風も強い。

台風のようだ。

朝なのに夜のように暗く、気持ちも重くなってくる。

車は首都高速を抜け、東名高速に入り、横浜IC近くで渋滞につかまった。

20180503渋滞
20180503渋滞

am05:40、まだ朝早い。

通常なら渋滞が始まるのは1時間以上後だ。

ゴールデンウイークならではの早い渋滞。

だらだらと流れながら大井松田ICを過ぎると渋滞は解除された。

渋滞解除

スムーズな流れになり、御殿場PAを抜けたあたりから雨も小雨に変わった。

嵐のピークは過ぎたようだ。

沼津ICを降りる頃には雨はポツポツ状態になった。

南西の空には薄い青空の窓ができた。

香貫通りをとおり、駿河湾の奥にある内浦湾の湾岸に出ると南西の大風が吹き寄せている。

大波が堤防を越えている場所もあった。

これでは他の場所では潜ることも難しい、この悪条件でも南西の風に強い大瀬崎を目指す。

嵐に強い大瀬崎

雨止むが南西の強風

大瀬崎に到着すると雨は止んでいる。

けれど南西の風は強い。

20180503大瀬崎外海
20180503大瀬崎外海

外海の風景、写真では解りずらいが左から右へ強い風が吹いて、波が打ち寄せている。

外海は潜水禁止となってしまった。

風と波が無ければ入ってみたいがしょうがない。

歩いて前浜のサービス前に戻る。

?みかんじるこ

途中で見つけた、このぼり旗

なんだろう?

大瀬崎みかん汁粉
大瀬崎みかん汁粉

大瀬崎名物?

あったか~い?

「みかんじるこ」

大瀬崎にくるのは久しぶりだが「みかんじるこ」とは何だ?

以前はなかった。

それも大瀬崎名物とうたっている。

そもそもこの「みかんじるこ」のぼり旗がある店は1軒だけだ。

あんこのお汁粉にみかんが入っているのか?

みかんの汁にあんこが入っているのか?

それも温かい。

食べ物に関してチャレンジ精神を私は持っていない。

想像だけで気持ち悪くなってきた。

湾内前浜は静か

湾内に波は無く、大風はときおり右から左へと吹き付けている。

今日は何処の海も大荒れなのに大瀬崎の前浜だけは湖のようなコンディションだ。

20180503大瀬崎前浜
20180503大瀬崎前浜

ゴールデンウイークなのにダイバーの数はそんなに多くない。

昔はこの浜には隙間が無いほどダイバーで溢れかえっていた時期があった。

その頃に比べると閑散とした感じだ。



深いねミジンベニハゼ

お昼をはさんで透明度10m、水温19℃の前浜に2回潜った。

狙いは2本とも小さなハゼ。

黄色くて目が緑色の可愛いミジンベニハゼだ。

空き缶とミジンベニハゼ
空き缶とミジンベニハゼ

ミジンベニハゼの大きさは2.5cmほど。

深度が26mと深く、潜水病とタンクの残圧の関係から長くはいられない。

海岸から泳いで目的のミジンベニハゼの棲家まで10分ほどかかる。

缶コーヒーの空き缶に棲んでいた。

他にビンなどにも棲みつく。

2匹のカップルで仲良さそうだ。

あまり近づきすぎると缶の中へ隠れてしまう。

近づくには時間をかけてゆっくり、警戒心をほどきながら近づかなければいけない。

1ダイブ目は警戒されて直ぐ缶の中へ隠れてしまった。

2ダイブ目はゆっくり時間をかけ慎重に近づいたのでバッチリ見れた。

ダイビング後に器材を洗い、今日明日宿泊の予約を入れてある雲見へ移動した。

雲見期待の晩餐

楽しみの酒菜

雲見温泉で汗を流し、期待している晩餐を待つ。

運ばれてきた料理がこれだ。

20180503雲見晩餐の大ヒラメ
20180503雲見晩餐の大ヒラメ

なんとも美味そうじゃないか。

遠路遥々雲見まで来た甲斐がある。

一つひとつ見てみよう。

海鼠

なまこと大根おろし
なまこと大根おろし

タコかと思ったらナマコ。

ナマコのシーズンは冬、そろそろナマコの漁もなくなる頃だ。

大根おろしと七味唐辛子、三杯酢でいただく。

ナマコの歯ごたえがなんとも言えなく美味。

鮮度もバッチリ。

水雲

もずく酢
もずく酢

以前は苦手だった酢の物、2品目だ。

若い頃は酢が苦手だった。

けれど最近は酢に長い時間浸かりすぎていなければ美味しく食べられるようになった。

もずくとしてはやや太めなので沖縄産の太もずくか?

疣鯛の塩焼き

イボダイの塩焼き
イボダイの塩焼き

皿からはみ出そうな大き目のイボダイ。

別名エボダイと呼ぶ場所もある。

脂が乗って美味しい魚、特にイボダイの干物は高級品で有名。

イボダイは干物しか食べたことがなく、塩焼きを食べるのは今回が初めて。

海が近い地元ならではの塩焼きだ。

味は脂がのり、身離れも良く、食べ易くて美味しい塩焼きだった。

実は料理の中で最初に手をつけたのがこのイボダイの塩焼きだ。

野菜煮付

野菜の煮つけ
野菜の煮つけ

綺麗な色だ。

火は通しつつも野菜の色を大事にしてある。

サヤエンドウの緑が引き立つ。

下のタケノコが柔らかくて程よい甘さ、カツオ節の味が効いている。

栄螺

サザエのつぼ焼き
サザエのつぼ焼き

サザエと言えば定番のつぼ焼きだ。

サザエとしては大きめ、タレは薄味で良い感じ。

焼いたものを一度殻から出してくれているので楊枝で簡単に身が出せる。

クルンとしたサザエ、固すぎず美味。

海老マヨ焼

エビのマヨネース焼き
エビのマヨネース焼き

エビはブラックタイガーか?バナエビか?

マヨネーズ焼きなのにマヨネーズの味はあまりしない。

焼くとマヨネーズの酸味が飛ぶのか?

背開きにしてくれているので身は簡単に外せた。

味わいながら口の中へ。

カニ

エチゼンガニ
エチゼンガニ

これは地元で捕れたカニでは無く、日本海で捕れたもの。

カニは慣れていないと剥くのが大変。

甘酢をつけて口の中へ。

カニの甘さが広がる。

オオビラメ

大ビラメのお造りと甘海老、カツオのたたき
大ビラメのお造りと甘海老、カツオのたたき、マアジ

それにしても舟盛になっているヒラメは大きい、舟からはみ出している。

4kg以上はありそうだ、こんなに大きなヒラメを私は釣ったことがない。

間違いなく天然もの、地元産。

真白な切り身が厚い。

鮮度抜群、味最高!

甘海老、マアジも美味しい。

カツオのたたきも臭みがまったく無い。

幸せな気持ちで眠れる。

明日は風よ止まれ~