ミツボシクロスズメダイ

陽気が良くなると奴がくる

春真っただ中

昨日からまた暖かくなってきた。

ハナミズキ、ツツジ、フジの花も咲きだした。

とても綺麗で心が和む。

春真っただ中だ。

今までいなかった虫が飛び、アリも多く見かけるようになった。

あちらこちら冬眠から目覚めて働きだした。

良いことばかりでもない。

あいつがくる

そろそろあいつが出てくる。

知らない内に側に寄り、気がつかない内にメシを喰っていく。

ただ喰いはまだ許せるがその後が痒くてたまらない。

そうモスキートだ。

痒くてたまらない

人の肌に針を刺し、ペッと唾を吐きそれから生き血を吸う。

この唾液が後に痒くてたまらなくなる。

昨晩街灯の下をパタパタ羽ばたく黒い鳥を今年初めて見た。

実際には羽ばたきの音は聞こえない。

コウモリが奴を食べる

今年初のコウモリ

鳥かと思ったが哺乳類のコウモリだ。

とうとうコウモリの季節になった。

街中に棲むコウモリは家に棲みつくのでイエコウモリともアブラコウモリとも呼ばれる。

アブラコウモリ

家やマンションなどの軒先、雨戸の戸袋、屋根裏、配管やパイプの中などに棲む。

巣の場所によっては糞尿やダニの被害が出るので害獣になるケースもあるが元々は虫を食べる益獣だ。

子供の手のひらほどのコウモリは体重が5~10gしかない。

非常に軽い。

翼は薄い皮で飛翔旋回能力は鳥を上回る。

昼間は休眠し、日没後に虫を捕食する為に街灯の近くなど虫が集まるような場所で飛び回りながら虫を捕え、捕食する。

1晩で蚊500匹

コウモリ1匹で1晩に捕食する虫は体重の半分、6gのコウモリで計算すると蚊で500匹分を捕食する。

10日あれば5000匹、100日あれば50000匹もの蚊を退治してくれる有難いコウモリだ。

ヨーロッパ、アメリカ、カナダなどでは蚊による感染症を防ぐためにコウモリを保護している。

蚊による感染症はウエストナイル熱、黄熱、ジカウイルス感染症(ジカ熱)、チクングニア熱、デング熱、日本脳炎、マラリアなどがある。

2年前にデング熱に感染した蚊がいると新宿中央公園で大掛かりな消毒作業が行われた。

Bat Box

ヨーロッパ、アメリカ、カナダは家庭や地域ぐるみでコウモリに蚊を捕食してもらう目的で鳥の巣箱のように、コウモリのための巣箱を作って設置している。

巣箱状のものをバットボックス、大掛かりな巣をバッドハウスと称している。

日本の民家でも害獣として駆除するよりもバッドボックスを作り、コウモリに働いてもらえる環境を作ってはどうだろう。




1匹で蚊を50000匹以上食べるアブラコウモリに働いてもらう 505

投稿ナビゲーション


コメントを残す