生しらす丼

蒸籠にのるモリ蕎麦

日本蕎麦はモリ蕎麦

子供の頃、蕎麦屋に出前を頼むけれど何が食べたいかと聞かれる。

聞かれてもモリ蕎麦しか頼んだことがない。

他のメニューを知らない。

熱いつけ汁に浸かった蕎麦は舌が火傷するので食べずらかった。

ゆえに蕎麦の出前を頼む時は毎回モリ蕎麦だった。

竹の簾

不思議なことに何処でもモリ蕎麦は竹の簾に乗せられて出される。

水を切るための工夫だと思っていた。

後にそれをせいろと呼ぶことを知った。

蒸籠

せいろは漢字で蒸籠と書き、小籠包などを蒸す道具の蒸籠だ。

蕎麦を茹でる前には蒸していた時代もあった。

せいろに乗せて出すモリ蕎麦をせいろ蕎麦とも呼ぶ。

蕎麦屋によって呼び名を変えているが同じものだ。

せいろ蕎麦と呼ばれると何かちょっとお洒落で高そうだ。

モリ蕎麦とせいろ蕎麦の違い

同じだが違う拘り

出来合いの生麺や乾麺を茹でて出す店はモリ蕎麦と称して、蕎麦粉から麺を打ち、茹でて出す高級な日本蕎麦屋はではせいろ蕎麦と呼んでいる店が多い。

モリ蕎麦よりもせいろ蕎麦の方が値段が高く、量も少なめだ。

蕎麦粉から作る蕎麦の方がどうしても手間がかかり、材料費も高くなるのでモリ蕎麦よりせいろ蕎麦の方が高くなる。

それだけ美味しい蕎麦なのでしょうがない。

蕎麦だけじゃ物足りない

蕎麦だけでは栄養も偏りそうだが昔はそれでよかった。

お腹が膨れれば。

けれど最近はモリ蕎麦だけでは物足りない。

天ぷらも一緒に食べたくなる。

蕎麦屋の天ぷらは旨い

天つゆと蕎麦つゆは似ているので日本蕎麦にはピッタリだ。

ほとんどの日本蕎麦屋では天ぷらを上手に揚げてくれる。

でも不思議なことに天ぷらモリ蕎麦や天モリ蕎麦というメニューは何処の店にもない。

天ざるというメニューになる。

天ぷらの付いたざる蕎麦だ。

高級日本蕎麦屋では天ざるまたは天せいろと呼ぶメニューになる。

モリ蕎麦とざる蕎麦

その違い

モリ蕎麦とざる蕎麦は何が違うかというと値段が違う。

ざるそばの方が高く、刻み海苔が乗っている。

笊に乗って出てくれる店もあるがモリ蕎麦とは違う正方形のせいろに乗せられることも多い。

蕎麦と浸けつゆは違うかと言うとほとんどの店で同じだ。

昔のざる蕎麦

昔、ざる蕎麦は蕎麦の実の中心部分だけの粉で蕎麦を打ち、白い麺を出している店もあった。

また、ざる蕎麦のだしは鰹節の1番だしを使い、モリ蕎麦のだしは2番だしを使って差をつけたり、つけ汁には当時高価なみりんを入れて味の差をつけていた店もあった。

しかし、今はほとんどの店でざる蕎麦とモリ蕎麦の差は無い。




もり蕎麦とせいろ蕎麦とざる蕎麦の違いはあるのか? 504

投稿ナビゲーション


コメントを残す