伊豆海洋公園エントリー

ヌカカ被害、奄美大島加計呂麻島周辺

暑くなれば虫が出る

日中はだいぶ暖かくなってきた、時には暑い時もあるぐらい。

夏が近づいている。

すると今まで居なかった虫たちが出てくる。

蚊が出てくるのもそろそろ。

ヌカカ吸血虫被害

奄美大島の加計呂麻島近辺ではヌカカに刺される被害が出ている。

蚊と同じで産卵のためにメスが哺乳類の血を吸う。

ヌカカもブヨも血を吸う前には相手の皮膚を切り、血液が固まらないように自分の体液を入れる。

この体液に反応してヒスタミンが出るので痒くなる。

ヌカカとブヨに吸血された場合、蚊よりも痒みが酷い。

集団で飛ぶこともよくあり一度に数十カ所吸血されることもある。

痒みが酷ければ夜も眠れず、掻きむしれば傷口が酷くなり治り難い。

完治するのに1~4週間、時にはそれ以上かかる。

ブヨとヌカカ

ブヨもヌカカも形はハエのようなだが大きさが小さい。

ブヨが3~5mmなのに対しヌカカは1~2mmほど、網戸の隙間も潜り抜けてしまう。

ブヨは清流

ブヨの幼虫は清流の水中で生活するため親になっても清流の比較的近くで生活するので街では見かけない。

清流や渓流で釣りをする人や清流の近くでキャンプする人が吸血される。

ブヨは自然の多い山で被害にあうことが多い。

ヌカカは砂浜

ヌカカは海の砂浜に棲んでいてその周辺にくる獲物を襲う。

素肌が露出している所はヌカカの的だ。

しかしヌカカは小さいので服の中にも入ってきて胸や腹なども吸血する。

時には髪の毛の中に入ってきて頭皮からも吸血する。

耳の穴にも入ってくる。

日本全国に生息

ヌカカは日本全国に生息する。

まだその被害は多く聞かないが地球の温暖化が進めば異常発生することもあるかもしれない。

奄美大島の加計呂麻島周辺でも以前はヌカカはいなかった。

被害が出るようになったのはここ数年のこと、3月末~5月初旬が発生のピーク時期、砂浜へは行きたくないと言っている。

もしかすると漂流ゴミと一緒に海外から流れてきたのかもしれない。

ヌカカもブヨと同じように海岸から離れた街中にはいない。

日本全国で増えたら大変なことになる。

世界にもいる

ヌカカは英語ではサンドフライと呼ばれている。

オーストラリア、ニュージーランド、インドネシア、マレーシア、アメリカ、カナダ、アフリカ、アジア、ヨーロップなど多くの国でサンドフライの被害が出ている。



天国のようで恐ろしい島

私の苦い経験

あの恐ろしい島には2度と行きたくない。

その島はマレーシアのボルネオ島の東側にあるシパダン島だ。

まだ日本のダイバーがあまり知らなかった頃に3回ほど行った。

小さな島には3つのダイビングリゾートがあってホテル、ダイビングサービス、レストランを兼ねていた。

ダイビングには最高

島の周り全てがポイントで何処も魚が多く、特にアオウミガメは1ダイブ潜れば8匹以上、時には交尾シーンも見れたり、ダイバーをメスだと思って乗っかってくるオスもいるぐらいだ。

ロウニンアジ、ギンカメアジの群れ、バラクーダの群れ、ガーデンイール、カンムリブダイの朝の集団出勤、オドリハゼ、パンダダルマハゼなど一部にしか過ぎないが深い場所から、浅い場所までとにかく色々な魚が見られるので夢中になって潜った。

海は快適、レストランの食事も美味しいし、こんな素晴らしい天国のような島に驚いた。

夜になっても興奮は止まらなかった。

事件発生

けれど事件は翌日朝に起こった。

何か体中が痒い、見てみると10カ所以上虫に喰われて赤く腫れている。

とても痒い、つい掻いてしまう。

ダニでもいるのかと思い傷口を見てみるがダニの特徴の2つ穴がない。

全て喰われた部分の穴は一つだけ。

なんだ?何に喰われているんだ?

島に常駐するスタッフに聞いても解らない。

この時、ヌカカもサンドフライも知らなかった。

夜も眠れないぐらい痒い、それでも疲れているので我慢して寝た。

倍に増える

翌日、朝起きると喰われた赤い斑点は倍に増えている。

痒さは倍に膨らんだ。

これはたまらない。

痒いことも辛いがもうひとつ不満が出来た。

喰われるのは一人だけ

なんと喰われているのは私一人だけなのだ。

他に喰われてる人もいるが多くて2~3カ所だけ。

なんで俺だけ集中して喰われるのだろう?

蚊に喰われやすい訳でもない、普通の人と同じぐらいだ。

半年後きっと何かの間違いだと思い2回目のシパダンへ行った。

刺された数は1回目を軽く越えた。

それでも行きたいシパダンは魅力のある島だった。

3回目のシパダン

1年後、3回目のシパダンに訪れた。

この時は日本からダニアースを持ち込んで夜寝る前にはベッドのマットにたっぷりその液を浸みさせた。

これなら絶対大丈夫だろうと安心して寝た。

翌日目が覚めた時に結果は惨敗だった。

一晩で30カ所以上喰われてしまった。

日中マットを砂浜に出して照り付ける強い紫外線を当てて虫干しをしたが効果は無かった。

100カ所以上喰われる

それから喰われる数は一晩寝るごとに倍になっていく、体中前も後ろも手も足も首も赤い斑点ができ、悪い病気に感染してるようで自分でも見ても気持ちが悪い。

触ると皮膚がゴツゴツして幾分固くなっている。

もう喰われる柔らかい場所がない。

最終日の朝起きると頭の皮膚まで喰われてしまい全身痒くてたまらない。

髪の毛があるのに犯人はどうやって喰うのか?

犯人は誰だ!

100カ所以上も喰われて数を勘定する気もおきない。

全身の痒さに耐えるだけだった。

このときも、やはり喰われるの私一人だけだった。

シパダンをあきらめる

そうか、この島は私には向いてない。

シパダンは私が来るのを拒んでいるんだね。

海も、魚も、島も、料理も、申し分ないのにこの痒さだけはダメだ。

たまらない。

それ以来シパダンへ行かなくなった。

いくら誘われてもシパダンだけは無理だ。

どんな虫が私の体を喰ったのか長い間、解らなかった。

きっとヌカカ、英語でサンドフライだったのだろう。

後述

シパダン島は現在、リゾートはなく無人島になっている。

また人数制限をしており1日120人までしかダイバーが入れない。

シパダン島で潜るにはマブール島のリゾートに宿泊してそこから日帰りでボートダイビングをする形だ。

潜りに行った人の話を聞いたが海の中は相変わらず魚が沢山いて面白いらしい。

昼休みに島へ上陸した人は全員足をサンドフライに多数喰われて難儀したと聞いた。

今私がシパダンに上陸したらあっと言う間に体中ボコボコに喰われてしまうだろう。

考えるだけでぞっとする。



恐怖の吸血虫ヌカカ加計呂麻島に発生 海外でもサンドフライ被害 499

投稿ナビゲーション


コメントを残す