江之浦の風景

ワニではないシロワニ

ワニというサメ

山陰地方ではワニと言えばサメのことだ。

また因幡の白うさぎにもワニを騙そうとするウサギの話が出てくる。

古き日本ではサメのことをワニとも呼んでいた。

シロワニ

シロワニという名前のサメがいる。

英語ではサンドタイガーシャークだ。

大きさは3mを越し、体重は150kgになる。

その顔は歯を剥き出し、とても怖い。

顔に似合わず性格は大人しい。

サメがサメを喰う

けれど、ネムリブカやドチザメなど他のサメを捕食する。

魚やイカなども食べる。

私は今まで伊豆の神子元島、神津島の銭洲、小笠原で見てきた。

初めてシロワニを見たのは40年程前、このサメのことを良く知らなかったので相当緊張した。

大きさは私の体よりも大きく、ケンカしたら負けると思った。

SEXをするサメ

交わる鮫

サメは漢字で鮫と書く。

魚が交わる。

交尾をする魚と言う意味だ。

実際にサメには雌雄があり、生殖器も存在する。

サメの生殖器

生殖器は肛門の近辺にある。

オスは左右に細長い2本のペニスがあり、メスは縦に割れた穴だけだ。

軟骨魚類の親戚であるエイも同じように生殖器がある。

水族館に行く機会があれば是非見て欲しい。

交尾の仕方

交尾の時オスはメスに噛みつき片方のペニスだけを使って交尾する。

メスは大人しく、オスの好きなようにされている。

放精をしたあとオスは泳ぎ去る。

シロワニの恐ろしい定め

胎生と卵胎生

ネコザメやナヌカザメのように卵を生むサメもいるがサメのとんどは卵胎生で子供を産む。

卵胎生は人間のような胎生とは違う。

胎生は母体の子宮で胎児とヘソの尾でつながり栄養と酸素を与えて育て、ある程度の大きさになってから子供を出産することを言う。

卵胎生は母体の子宮で育つが胎児とヘソの尾でつながり栄養や酸素を送ることもない。

受精をした卵は母体の中で守られ、孵化してある程度育ってから出産する。

通常のサメは数匹から数十匹の子供を産む。

しかしシロワニが産む子供は1匹か2匹までだ。

最初に共食いを覚える

実はシロワニは母体にいる時から生存競争が始まっている。

子宮の中で最初に卵から孵化した仔魚は1年かけて子宮内の弟や妹、他の卵を全て食べて育ち、1mほどの大きさになってから生まれる。

多くの数で生まれるよりも、より大きく、より強い1匹となって生まれることを選んだサメだ。

シロワニの子宮は2つあるので生まれる子供は1匹か2匹だけになる。

シロワニは孵化後に共食いをしてから生まれてくる。

ゆえに大人になってからも子供の時に食べたサメの味が忘れられないのだろう。

人間で考えたらとっても恐ろしい話だ。




弟や妹を喰い、兄弟全てを喰いつくす恐ろしいシロワニの定め 492

投稿ナビゲーション


コメントを残す