目指せBabyダンゴウオ

ポカポカ ベタ凪 江之浦

天気良くポカポカ春陽気の中、神奈川県小田原の江之浦海岸へ潜りに行ってきた。

江之浦海岸
天気良くポカポカベタ凪の江之浦海岸

先月に比べて波もなく湖のような海、沖に走る船以外に白い波がない。

テトラポットにも海岸のゴロタ石にも砕ける波はない。

太陽の光も水中に入り明るい。

水温14℃、透明度15mと絶好のコンディションだ。

目標babyダンゴウオをget

今日の目的は2週間前から出現しているというダンゴウオを見ることだ。

寒い時期が好きな丸い小さな魚、冬から春限定、5月末にはいなくなる。

何処に消えるのかは解らないが12月から1月頃にかけて親ダンゴウオが現れる。

そして産卵のため一度姿を消す、例年だと3月初旬に生まれたての2~3mmの赤ちゃんが現れる。

生まれて1週間ほどは頭のまわりに白い線があり、ハチマキ君とかエンジェルとか呼ばれている。

1ダイブ目は完敗

1ダイブ目は1匹も見つけられず完敗だった。

敗因はライトを車の中に忘れていたおかげで岩陰が暗く良く見えなかった。

小さいものは最近よく見えない、明るければまだ見える。

そして2本目はなんとか1匹だけ見つけることができた。

ライトは大切

babyダンゴウオ
babyダンゴウオ 3mm

頭のエンジェルは、すでに消えてしまった子だけど見られると見られないでは雲泥の差。

それにしても小さかった、大きさは3mm

それにチョロチョロ良く動き落ち着かない、場所も大きく移動する。

これでは見つけられないのも無理はない。

ダンゴウオについてはこちらで紹介しています。⇒コチラ

他の仲間たち

チシオウミウシ

そして久しぶりに見たチシオウミウシ

チシオウミウシ
ゆっくり動くチシオウミウシ

色はオレンジ色でイチゴを潰したような感じ

目が2つ突出している。

一瞬カイメンか?と思うのだけれどこの2つの目とゆっくり動く動作でウミウシであることに気づく。

頭の黒いスワン

続いてキイロウミコチョウ

キイロウミコチョウ 頭の黒いスワン
キイロウミコチョウ 頭の黒いスワン

だいぶ育ってきた。

と言っても5mmほどの大きさなのでやっぱり小さい。

体色が黄色なので慣れれば誰でも見つけられる。

小さいながら移動しているので一カ所には留まっていない。

黄色い色をした頭の黒いスワンのようだ。

サングラス顔のクツワハゼ

クツワハゼ
クツワハゼ

目に黒い線が入り鱗が所々テラコッタ色

ちょっと地味だけど表情があるので最近好きになってきたハゼ

眉毛のアライソコケギンポ

アライソコケギンポ
背ビレに緑点がないアライソコケギンポ

眉毛のある魚

普段は穴の中に棲んでいて頭だけをだしている。

穴から出てるときだけ見られる体は細長い。

時おりエサを捜しに穴から出て散歩をする。

この子は背びれの最初の部分に緑色の丸点がないのでアライソコケギンポ

緑色の丸点があればコケギンポ

ヤリイカの卵健在

先月見たヤリイカのタマゴはまだ残っていた。

先端がやや茶色く汚れてきた。

ヤリイカのタマゴ
ヤリイカのタマゴ3月3日

あと2週間ほどで孵化しそうだ。

そして下が先月の2月14日に見たヤリイカのタマゴ、比べるとわかる。

ヤリイカのタマゴ
ヤリイカのタマゴ

生まれたてで新しい感じがする。

先月と同じ水温だったが日照時間が長くなったせいなのか魚達は増えて活発化してきたように感じた。