人が思う海

海は広いな大きいな

海は大きい。

地球上の表面の70%が海だ。

一番深い場所はサイパンの近くで10,911mとされる。

水圧は1,091気圧だ。

水温はマイナス1.94℃で氷結し、赤道近くで27~30℃

海流もあり、潮の満ち引きもある。

人は皆思う

広い海の向こうへ行って見たい。

水中は息が出来ない、でも魚は呼吸ができる。

水中を泳ぐ魚を見たい、サンゴ礁を見たい。

深い海を見てみたい。

イルカやクジラを見てみたい。

海には魔物がいて怖い?

生物全体で見ると

海中と陸上を比べると生物にとって色々違うことがある。

泳ぐこと、育つこと、呼吸することに関連する。

それを重力、光、酸素の三つの観点から簡単に考えてみたい。

重力の影響を受けにくい

水中は軽い

水中は重力の影響を受けにくい。

周りが全て海水である。

なので人間はそまま海へ入れば浮いてしまう。

海1Lは1.03kg

海水の重さは1リットルで1.03kgの重さがある。

もしあなたの体の体積が1リットルあたり1.03kgの重さなら海中では浮きも沈みもしない。

1.03kgより軽ければ浮き、1.03kgよりも重ければ沈む。

ゆえに人間は水中に入ると体が軽くなる。

これは人間だけでなく他の生物全てがそうだ。

陸上生物は浮きやすい

陸上の生物のほとんどが海では浮きやすい要素を持っている。

陸上では体が重ければ重いほど重力に耐えなければならない。

なので重力に耐えらるには出来るだけ軽い方が得だ。

800倍の違い

空気と水では800倍密度が違う。

水中に比べれば陸上では800倍の重さに体が絶えている。

だから陸上の動物は重力に耐えてエネルギーを多く消費するので、しっかりした骨と筋肉を持ち、高タンパク高脂肪の組織を体に有する必要がある。

水中では重力に耐える丈夫な骨も筋肉も必要ない、それゆえ魚は高タンパク、低脂肪の組織で作られ、人間にとっても良い食べ物となる。

陸上では植物も重力に耐え、優位な光合成をするために空へ伸びなければならないため茎や幹がしっかりとした硬い繊維で作られる。

水中では重力が小さいので硬いしっかりした茎や幹は必要ない、光が届く浅い場所にのみ存在し、ヒジキやギバサ(アカモク)などのホンダワラの仲間は硬い茎や幹の代りに水面へ立つために空気の入った気泡を作る。




光の届き難い水中

地球表面全体光は届く

水中は光があまり届かない。

地球上の表面には、ほとんどの場所に光が届く。

そこがトンネルや穴の中でなければ太陽の光は照らされる。

陸上全体植物だらけ

そして土と水があれば草木が育つ。

種をまく必要も無い。

自然に風や雨水・鳥・獣・昆虫によって植物の種は運ばれる。

人間が何もしなくても地球の表面は緑の草木で覆われる。

海では20mまで

水中では深度5m潜ると波長の長い赤色は無くなる。

関東近辺の海では深度20mを越した水深の海ではほとんどの海藻が光合成出来ないために育たない。

つまり、海ではほとんどの植物が深度20mより浅い場所にしか存在しない。

海藻が水底に付着して生活出来るのは深度20mより浅い場所ということは海全体で考えれば陸上がある海岸の一部の場所に制限されることになる。

沖合の深い場所では海藻は存在しない。

植物プランクトン(浮遊生物)

けれど海には重力の関係から特別な生物が存在する。

それが中層の表面近くに漂う植物プランクトン(浮遊生物)だ。

陸上では存在しないこの植物プランクトンが海全体の表層近くで光合成をしている。

海の生物の生命の源がこの植物プランクトンだ。

この植物プランクトンがいなければ海の生物のほとんどが淘汰されてしまうかもしれない。

水中は酸素が少ない

肺と鰓

陸上の動物は空気中の酸素を肺で呼吸する。

水中に棲む魚は水中の酸素を鰓で呼吸する。

陸上では何処でも

陸上では何処に行っても酸素がある。

空気があるところに酸素は存在する。

鍵をかけた部屋の中でも、窓を閉じた部屋の中でも、有毒ガスを吐き出す機器を使用しなければ換気をしなくても小さな隙間から新鮮な空気が何処からか入ってくる。

陸上には風があり、空気が動いている。

水に比べれば空気の密度は低いため小さな隙間でも自由に出入りできる。

通常部屋の中にいて酸素切れで窒息するなどいうことは考えられない。

ところが水中ではそうはいかない。

水中の閉塞する場所

もし水中に板で囲う部屋を作ったらどうなるだろうか。

酸素が水に溶け込むのは水面と植物の光合成によるものだ。

酸素が溶け込んだ海水は波や海流などで水中に拡散していく。

けれど前後左右上下に板を張り、部屋を作ってしまって海流を遮断したらどうなるか?

窓の隙間やドアの隙間からは海水の出入りは微量しかない。

もし部屋の中に魚が棲めば部屋の中の酸素を使い果たしてしまう。

港は海流を遮断

海岸に港を作ると同じような現象が起こる。

港の中では今まであった海流の流れが遮断される。

もし港の中の水が表と出入りしなければ海水はそこに溜まり淀む。

酸素が溶け込むのはほぼ水面だけ、そして上下の対流も無い。

水底に棲んでいたアサリなどの生物は酸素を使い果たし、死滅する。

そこには死骸と異臭、ヘドロが溜まっていく。

重力、光、酸素の観点から見てもこれだけ違う。

水中は冷たい

速く寒くなる

水中に手を入れれば冷たく感じる。

暑い夏になれば海水浴に行きたくなる。

気温で上がった表面体温を下げれば気持ちが良い。

それでも水着1枚で海に長く浸っていれば冷えて震えてくる。

熱伝導率25倍

空気に比べ水の伝導率は25倍高い。

空気に比べ25倍速く熱を奪う。

気温27℃は暑く感じるが水温27℃の海へ裸で入っても暑いとは感じない。

また、そのまま動かずにいたら寒くなってくる。

空気は保温性が高く、水は25倍速く熱を奪う。

魚にとって

人が水を冷たく感じるのと逆に水中で生活している魚が空気に触れれば暑く感じる。

人間の手が触れても魚にとっては暑く感じる。

今まで感じたことも無かったかもしれないが人間が魚に触るだけでも暑いのだ。

魚に優しく触るなら手を水中に長い時間露出させ水温と同じ温度になるまで手を冷やす必要がある。

陸上の気温の変化は大きい

気温の変化は太陽の日照に寄って大きく変わる。

陸上では日の出直前が一番気温が低い。

正午過ぎの1時以後が一番気温が高くなる。

その差が1日で10℃以上あることもある。

海中の温度変化は少ない

海では気温のような大きな水温の変化はあまりない。

だいたいが日の出直前も正午過ぎも水温は変わらないことが多い。

1日の温度変化は1~2℃ぐらいが普通だ。

ただし、暖流や寒流がぶつかる場所や深海の深い冷たい潮が湧き上がる場所では水温の変化が大きい場所もある。

魚や他の生物達にとって水温の大きな変化は苦手なものも多い。

低い水温が苦手なもの、高い水温が苦手なものなど様々だ。