2月の江之浦

気象海況

1ヵ月ぶりに神奈川県小田原市の江之浦海岸で潜った。

朝早くは雨、天気予報では午前8時を過ぎれば晴れ予報だったが現地に到着するとまだ雨雲が頭上を覆っている。

気温は8℃、昨日までと比べれば少しは暖かい。

透明度15mという案内だったが時おりうねり波が入り、水底の砂が舞っている。

水質は悪くないが実際のところの透明度は8~10m、うねりが無くなれば直ぐに透明度は回復するだろう。

水底は冬の装い

水底に落ち着くと夏とは違い、見晴らしは良いが魚は少なめ、カミナベラの子供たちとアイゴ、スズメダイ、ネンブツダイの子供が所々で群れている。

ワカメは美味しそうな幼体から若体が揺れている。

イシダイの大介は今日もお休み、顔を現わさない。

毎年水温17℃以下になると何処へ行くのか?ご無沙汰になる。

5月のゴールデンウイーク過ぎに水温18℃となるとまた何処からかやってくる。

大介はいないが40cm位のイシダイが寄ってくる。

ソラスズメダイも数こそ少ないが綺麗な青色をしている。

イロカエルアンコウ(旧イロイザリウオ)

レンガ色

下の写真は昨年末から続き、今月もいたイロカエルアンコウ(旧イロイザリウオ)レンガ色バージョンだ。

イロカエルアンコウ(イロイザリウオ)
イロカエルアンコウ(イロイザリウオ)レンガ色

魚とは思えない形で岩やカイメンに擬態をしてエサが目の前にくるのを待っている。

まったく動こうとしない。

目と口が何処にあるのか解るだろうか?

小魚たちにとっては怪物だ。

ブラックバージョン

イロカエルアンコウ(イロイザリウオ)
イロカエルアンコウ(イロイザリウオ)ブラック

こちらはイロカエルアンコウ(イロイザリウオ)ブラックバージョン、ここまで擬態していると黒い石と言っても良いだろう。

慣れていても目と口がハッキリ何処にあるか判断できない。

浮袋を持たない

イロカエルアンコウとイザリウオとなんで2種類の名前が出来たのか?

この魚は浮袋を持たない。

普通サカナは浮袋を持ち、浮力を上手に使い中層を自由に泳ぐことが出来る。

しかしこの魚は長い進化の過程で浮袋を無くし、水底の岩などに掴まり動かずに待ち伏せしてエサを捕るスタイルを習慣とした。

従って泳ぐのは得意でなく直ぐ疲れてしまう。

逆に胸鰭などが指のように動き、岩を掴んだりできる。

イザリ

移動する時は歩伏全身、胸ビレで水底を這って移動する。

昭和中期まで足が悪い人が足を地面に着けたまま、手で地面を這うことを膝行り(いざり)と呼んだ。

戦後、足の不住な人も多くいた。

そんな人を影であの人はイザリだからと呼んでいた。

今は膝行り(イザリ)という言葉を使わないので理解できる人も少ないだろう。

手で水底を這って移動する魚なのでイザリウオという名前が着けられた。

それが膝行り(イザリ)という言葉は差別用語だという人がいて平成になってからイロカエルアンコウという名前に変えられた。

若い人たちは膝行り(イザリ)という言葉も知らないのだから名前をそのまま残しても良いのでないかと思う。

いまだにイロカエルアンコウと聞くとピンとこない。




またいたヒョウモンダコ

先月に続いて

そして先月に続いてまた見てしまったのはヒョウモンダコだ。

唾液に猛毒のテトロドトキシン(フグ毒)があるので捕まえたりしない方が良い。

ヒョウモンダコの説明は先月したので見たい方はこちらでご覧になれます。→コチラ

ヒョウモンダコ(blueringed octopus )
ヒョウモンダコ(blueringed octopus )20180211

頭がクリスマスの帽子のように細長い。

軟体動物なので自由に形を変えらる。

今回も種類のはっきりしないオレンジのベラだと思って目で追ったいた。

見事なブルーリング

泳いでいる時はまったく解らなかったが岩に着底した瞬間に形がタコに変わり、紫色のヒョウモンダコ柄が出たので喜んだ。

ヒョウモンダコ(blueringed octopus )
ヒョウモンダコ(blueringed octopus )豹紋柄

足の付け根を拡大して見ると見事なブルーリングだ。

英語の通称はブルーリング・オクトパス見たままの名前で覚えやすい。

生息域

ヒョウモンダコというと熱帯、亜熱帯に生息するタコと表記されているがそんな事はない。

今年、水温が14℃の1月、そして同じ水温14℃の今回2月と2回も神奈川県小田原市の海で確認している。

30年以上前、伊豆半島の伊東の海で3月の水温13℃の海でも目撃している。

最近海水温の上昇に関係なく、ヒョウモンダコは関東近辺の温帯域にも生息するタコだ。

けっして熱帯、亜熱帯だけでものではない。

ヤリイカの卵

天井にぶら下がる

岩の下に白い房がぶら下がっている。

波に揺られてユラユラ。

ヤリイカのタマゴ
ヤリイカのタマゴ

これはヤリイカの卵だ。

深度7mの岩棚の天井に産卵していた。

何匹のヤリイカが産卵したのだろうか?

20~30匹のヤリイカが夜に産卵したものだと思われる。

拡大する

大きくズームアップしてみた。

ヤリイカのタマゴ拡大
ヤリイカのタマゴ拡大

ひとつの房に60~70個の小粒の卵が入っている。

孵化は1~1月半後。

孵化後3か月で3cm、半年で成体になる。