最近の流行り

節分

節分には福を招き鬼を追い出す豆を巻き、無病息災で寿命が延びるように自分の歳の数だけの豆を食べる。

玄関の入り口には鬼の嫌いな柊の葉と干鰯を飾る。

昔からの節分の風習だ。

新たな習慣

比較的最近になって入ってきて習慣化されつつあるのが恵方巻だ。

今から40年前には関東近辺ではこの習慣はなかった。

また恵方巻という言葉も聞いたことが無かった。

関西出時

恵方巻の始まりは関西と言われる。

それが世に広まったのは海苔業界、コンビニエンスストア業界、寿司業界などが多年にわたる宣伝によるものだ。

2月3日節分の日「恵方巻」「幸運巻」「招福巻」と呼ばれる太巻きを一人で1本、切らずに恵方を向いて言葉を発せずに食べると縁起が良いとされる。

「うなぎ」の土用の丑の日や「チョコレート」のバレンタインデーと同じく、恵方巻も商業的戦略にのって全国に広まっていった。

ゆえに最近の人たちにとっては子供の頃から食べていた習慣になるがそれを食べさせてくれた両親達にとっては関西以外では恵方巻は知らない食べ物だった。

恵方巻の価格

その恵方巻はコンビニやクルクル寿司では220~1000円で販売され、寿司で有名な銀座の久兵衛では2巻で3000円で販売されている。

さらに大丸東京店ではアワビふかひれ恵方巻5000円や中島水産十八番(おはこ)巻15000円という高値だ。

最高値は東武百貨店池袋本店の青森県大間産本マグロ恵方巻25000円というものまで現れた。

一般庶民には購入することも考えられない値段だ。

そもそも恵方巻とは何?

色々な諸説があるが定かではない、そこで一つの仮説として紹介する。

馴れずし

寿司の歴史は中国から伝わった発酵寿司から始まった。

岐阜の馴れずしが有名だ。

琵琶湖で捕れた鮒の鰓と内臓を取り一度塩漬けにして寝かせる。

次に塩抜きをして樽の中へご飯、鮒、ご飯、鮒、ご飯と層にし、蓋をして重しをして何か月も寝かせて発酵させた後に鮒だけを食べるものだ。

臭いがきつく食べるには慣れ、不慣れがある。

織田信長に明智光秀が献上した料理で「こんな腐ったものが食べられるか!」と勘気をこおむった事で有名だ。

押し寿司の時代

そして大阪では箱型で作った押し寿司や棒寿司が作られた。

その頃に海苔に巻いた巻き寿司も出来た。

色々な具を入れて巻いた太い巻物を輪切りにして食べた。

これが恵方巻のもと、つまり関東で言う太巻き1本ものだ。

花魁の巻き寿司

その時代、芸能界と同じような存在だったのが花街界隈の花魁だ。

ファッションの流行りも花魁から発することが大きかった。

巻き寿司は特別な祝い事や弁当として豪勢な食事だった。

大阪船場の遊女たちにとっても好物であり、食べやすく、口も汚さず、時間に関係なく食べられる、贅沢でもあり、便利な食物であった。

大臣の遊び

昔の正月、あるお大臣が遊女に尋ねた「好きな食べ物は何か?」

花魁「巻き寿司でありんす」

お大臣「そうか巻き寿司か。旨いからのう巻き寿司は。今から食べよう。
でもただ食べるのもつまらぬでな、儂と懸けをせんか?」

花魁「何をだす?」

お大臣「簡単な遊びじゃ」

花魁「ほな何を?」

お大臣「今ここに100両の小判がある。もし今から言うことが出来たらそのまま懐に入れるが良い。出来なければなしじゃ。」

お大臣「巻きずしを切らずに持ってこい!」

花魁「何をなさるんどすか?」

お大臣「余興じゃ!この巻き寿司を切らずに一本丸ごと食べて欲しいのじゃ。そなたのその小さい口には無理じゃろうかな?」

花魁「余興じゃしかたおへんな~」

大臣「人に手伝ってもらったり、声を出すのはなしじゃ」

すると花魁は両手に太巻き寿司を取ると口の中に入れる。

だが、小さな口には太巻き寿司はなかなか入らない、中身は零れるし、噛み切るのも大変、頬は膨らみ、顔は赤く染まる。

それを見ていた周囲の者は大笑い、笑いは福を呼ぶという。

大きな福を読んだ花魁は最後に太巻き寿司を完食し、100両の小判も手中にした。

その後、この遊びが大阪船場で流行った。

中には花魁が咥えている太巻き寿司が男の一物を銜えているようだと喜ぶ大臣もいたが百人十色で感じ方は人それぞれ。

その後、その年の方位神様に礼を言いながら太巻き寿司を食べる習慣になった。

節分の日に「恵方巻」「幸運巻」「招福巻」と呼ばれる太巻きを一人で1本、切らずに恵方を向いて言葉を発せずに食べると、願い事が叶い、商売繁盛、無病息災、縁起が良いとされる。