間違っていた見識

犬の水飲み

冬は乾燥して口が渇く。

朝起きたときは口の中がカラカラに乾いていて気持ちが悪い。

起きがけの水は美味い。

犬も同じように水を飲む、やはり口が渇くのか、それにしても水桶からかなりの水をこぼしている。

初耳

先日、犬は水を前舌で飲むのではなく裏舌で飲むと言うことを知人に聞いてビックリしたことがあった。

今、水を飲むところを見ているが前舌で飲んでいるのか裏舌で飲んでいるのか早過ぎてサッパリ解らない。

もう少しゆっくり飲んで見せてくれと言っても伝わるわけがない。

水飲みイメージ

私が今まで思い絵描ていた犬が水を飲む時のイメージはこうだ。

犬の水飲み前舌巻き上げ
犬の水飲み前舌巻き上げ

舌をS字に前側に巻き上げオタマのように水を掬って飲んでいる。

今もそう思っている。

現実に見てもそのように見える。

けれど正解は違うらしい。

真実は舌の裏

実際の仕組み

舌の裏で水を巻き上げているという。

人間には舌を裏側に丸めることはできない。

ゆえに信じられない。

図で表すとこうである。

犬の水飲み裏舌巻き上げ
犬の水飲み裏舌巻き上げ

今ままでのイメージとまったく逆、裏側に舌を巻いて水を汲んでいる。

犬の水飲み裏舌巻き上げ その2
犬の水飲み裏舌巻き上げ その2

そして巻き上げ、口の下顎へと水を入れる。

その瞬間、水が落ちる前に口を閉じる。

素早く口を閉じることで舌で巻き上げられた水だけでなく、舌にくっついてきた水も口に入る。

アメリカのハーバード

この犬が水を飲む時の舌の使い方を調べたのはなんとアメリカのハーバード大学の研究員達だった。

彼らが飼っている犬が水を飲む時のビデオを撮って、スローで再生したところ、この事実がわかった。

そのメンバーたちは、科学誌「Biology Letters」で発表している。

犬が水飲む時の舌の使い方←こちらで画像が見られます。

今まであまりに早くて解らなかったけどこれで納得。

猫も同じ裏舌使い

ちなみに猫も同じように裏舌を巻き上げて水を飲む。

犬のように水をこぼさないのは舌が小さくて短いため少量の水を運ぶためだ。

猫の水飲み 裏舌を使う←こちらで画像が見られます。

犬の方が舌が長く大きく、口に入りきらない水までも口に運ばれるので水をこぼす。

なのでこぼれない方法はバケツのような大きめの容器に水を1/3ほどだけ入れれば良い。

猫の場合、前足に水をつけて舐めるように飲む猫もいるので面白い。