猛威を振るうインフルエンザ

観測史上最低気温マイナス9.7℃

今朝も寒い朝を迎えた。

さいたま市では午前07:00に観測史上最低気温マイナス9.7℃を記録した。

路面凍結した道路はなかなか溶けない。

寒い日が続きインフルエンザも大流行し、患者数は283万人に達し過去最多となっている。

風邪とインフルエンザの違い

風邪とインフルエンザは似ているが少し違う。

風邪は色々な原因でウイルスに感染するがインフルエンザはインフルエンザウイルスに感染したものだ。

風邪は37~38℃の熱を発するがインフルエンザは38℃以上の熱が出る。

風邪は徐々に症状が出てくるがインフルエンザは急激に症状が出てくる。

風邪は鼻水、喉の痛み、咳、くしゃみ、頭痛と首から上に症状が集中するがインフルエンザは風邪と同じ症状にくわえ全身の倦怠感、関節痛、筋肉痛など体全体に症状が出てくる場合が多い。

風邪は一年中発症するがインンフルエンザは寒い空気が乾燥した冬に発症する。

インフルエンザウィルスは寒さが好きで暑さに弱い、湿気に弱く乾燥が大好きだ。

風邪の予防は水

私の風邪予防

夜寝る前に水を飲むことの他、小型のペットボトルに水を入れて枕元に置いている。

夜中に口の中が渇くたびにこのペットボトルの水を少量口に入れて飲む。

寝る時は口を閉じて寝ているのに就寝中にいつのまにか口を開けて寝てしまっている。

どうしても口や喉が渇くのだ。

夏でも冬でもこれを続けている。

おかげで喉が痛むということが最近ほとんどない。

飲みたくなくても水を飲め

23年ほど前にロサンジェルスに行った時である。

現地のお姉さんが言った言葉を覚えている。

水を通常より沢山飲むように勧められた。

「ここはもと砂漠地帯でとても空気が乾いています。それなので飲みたくなくても水を沢山飲んでください。水分が不足すると直ぐに風邪をひきます。」

水分が不足すると風邪をひく

これは事実

健康体の人にもウイルスはいつも接している。

口、喉、気管へと体内に入っていく。

口や喉の粘膜は通常濡れている。

入ってきたウィルスを粘液で絡めとり粘膜にある線毛が動いて排出する。

ゆえに口と喉の粘膜が渇いていると粘液も乾き、線毛運動が出来ずにウィルスに感染してしまう。

冬だから水を飲む

冬は寒いので汗をかかず、あまり水を飲みたいと思わない。

けれど口の中は渇きやすい。

なので余計に風邪をひきやすい。

昼も夜も飲みたくなくても一口の水を細目に飲むのが風邪の予防には大事だ。

その他の予防

もちろん十分な睡眠と休息をとる。

栄養のある食事をとり体力をつくる。

温かい服を着て抵抗力を高める。

ウイルスは空気中に存在するのでマスクをする。

帰宅したら手を洗い、うがいをしてウイルスを洗い流す。

適度な運動をして血行を良くする。

以上のような風邪の予防も大切だ。




猛威を振るうインフルエンザ 水が効果的 439

投稿ナビゲーション


コメントを残す