えんがちょ

えんがちょ切った

最近、聞かなくなった言葉、今の子供たちはえんがちょを聞いたことも意味も知らない。

まして使ったこともないだろう。

ひとつの遊び?

私が子供の頃には遊びの中で時おり使われていた言葉だ。

主に子供同士の間で使われた。

大人と子供のやり取りでは使われなかった。

えんがちょを使う状況

糞を踏む

例えば3人の子供がいたとする。

道路に犬の糞が落ちていたのを知らずに踏んづけた太郎。

うんちを踏みつけた太郎にとっては不名誉なことだ、汚い、不衛生、誰かに取り除いて欲しいと思う。

けれど側にいる次郎や三郎にとって太郎はウンチに染まった人物だ。

実際には踏んだぐらいでウンチに染まるわけがないのは子供でも解かっていることだ。

しかし気分的にはウンチに染まったバイキンになる。

バイキンが移る

次郎も三郎も汚い太郎を囃し立てる。

ウンチ踏んだ!ウンチ太郎だ!触ると移るぞ!

嫌な気分にさせられ困った太郎は、ならば仲間を作ろうと次郎と三郎を追いかけまわす。

触って清潔側からバイキン仲間にするためだ。

魔法の言葉と印

このときに太郎に触れられてもバイキンが移らないようにする魔法の言葉がえんがちょだ。

太郎に触れられる前に「えんがちょ切った」と魔法の言葉を言い、指で印を結べばバイキンは移らず清潔側でいられる。

次郎も三郎もバイキンが移らないようにいち早くこの「えんがちょ切った」の言葉を宣言し、印を結ぶ。

そこにいる子供全員が「えんがちょ切った」の宣言と印を結べば太郎ひとり仲間外れ、その時は仲間に入ることが出来ない。

一つの子供の遊びと言える。

言葉の意味

縁を切る

「えんがちょ切った」とはかなり便利な言葉だ。

もともとは縁をちょん切るという言葉、汚い人間と縁を勢いよく切るという意味になる。

この時の言葉と指の印の結び方は日本各地方で違いがある。

私の場合は東京の品川育ちだが右人差し指と中指をクロスして重ねた形だ。

この指のポーズで「えんがちょ切った」と宣言すれば全てのバイキンは移らないことになる。

千と千尋の神隠し

宮崎駿監督の映画「千と千尋の神隠し」でも「えんがちょ切った」が出てきたので笑ってしまった。

白龍のハクに千が苦団子を飲ませるとハクが黒いイモ虫のようなものを吐き出す。

動き回る黒いイモ虫を千が足で踏み潰してしまう。

その後に釜じいが「えんがちょせい、えんがちょ」と言うと千が両手の親指と人差し指で丸を作り、釜じいが千の印を手刀で切り「切った」と言うシーンのことだ。

この話も子供の時代の話だ。