子持ち昆布はニシンの卵

珍味

子持ち昆布は旨い。

1年に何度も食べられないぐらいの珍味だ。

子持ち昆布は昆布の胞子が付着しているのではない。

魚が産卵のために昆布に卵を着床させたものだ。

特にニシンの卵、つまりカズノコを昆布に着床させたもの。

ワカメに着床したものは子持ちワカメと呼ぶ。

ニシンの産卵

産卵のため日本では春に北海道の深度1mほどの浅場にニシンが集まってくる。

メスは昆布などの海藻に1mmほどの粘着性の卵を産みつけ、オスは放精する。

これが本当の天然の子持ち昆布だ。

ゆえに現在市販されているように子持ち昆布のように厚く卵が覆うようなものではない。

昆布の表面にまばらに沢山の卵が着床する程度のもの。

自然にできた天然物の子持ち昆布を見つけるのも難しく、量も少なく市場に出回ることはほとんどない。

2種類の子持ち昆布

一般に市場に出回っている子持ち昆布は人間の手が加わっている。

そのなかでも天然と言われる子持ち昆布と偽物と言われる2種類の子持ち昆布が存在する。

天然と言われる子持ち昆布

子持ち昆布の主産地はカナダ東海岸とアメリカのアラスカ沿岸だ。

毎年春、4~5月に大量のニシンが産卵のために接岸して昆布に卵を産みつける。

これを利用して市場に出る子持ち昆布を作っている。

昆布に卵を産みつけされるのは人の手ではなくニシンに自然に着床させている。

その方法が面白い

産卵のために浅場にやってくるニシンの通り道に人の手で昆布を並べて吊して置くのである。

通り道へ巻き網などを使って放卵したニシンを追い込む。

ニシンが昆布にぶつかると産卵する習性を利用したものだ。

狭い場所に追い込められたニシンは同じ昆布に何度も産卵し、幾重もの卵の層ができる。

出来るだけ両面とも均等に厚さも同じに産卵するように昆布の向きを変え、場所を変えるのは熟練漁師の腕だ。

2~3日で、たっぷり厚く卵の着床した昆布は引き上げられる。

水揚げされた子持ち昆布を塩漬けにして15kg毎にパッキングして日本へ輸出する。

米国やカナダでは資源保護のためライセンスや場所、数量などが厳しく管理されている。

これが一般に市場に出回っている子持ち昆布だ。

偽の子持ち昆布

そして偽物の子持ち昆布とは、簡単に言うと安い子持ち昆布だ。

カラフトシシャモ(カペリン)の卵やホキというタラに似た魚(ホキは白身魚フライの材料として使われている、詳しくはこちらをご覧ください⇒ホキ)の卵をバラバラにほぐし、着色して昆布に吹き付け、食品添加物の粘着剤で圧縮して結着させた偽の子持ち昆布がある。

ニシンの卵ではなく、シシャモの偽物カラフトシシャモやホキの卵をほぐしてニシンの卵に見せるために黄色く着色している。

さらに人工的に粘着剤を使い、分厚く昆布に結着させた紛い物だ。

当然、味もニシンの卵ではなく、加工したものなので劣るのは当たり前だ。

3種類の子持ち昆布

自然の子持ち昆布

自然にできた子持ち昆布は卵の数が少ない、採れるものも微量なので市場には出回わらない。

一般的な子持ち昆布

カナダやアラスカから輸入される子持ち昆布、ニシンの産卵を昆布にさせたものだが卵を厚く幾重にも産卵させるのは人為的だ。

これを一般には天然物の子持ち昆布と呼ぶ。

偽の子持ち昆布

人工的にで作られたもの、ニシンの卵ではなくカラフトシシャモやホキの卵をほぐし着色し、粘着剤で結着させてもの。




子持ち昆布はニシンの卵(カズノコ) 偽物と本物と3種類 433

投稿ナビゲーション


コメントを残す