緊急地震速報

突然

突然スマートホンが鳴り出した!

なんだ?

閉じていた画面が開き

スマートホン緊急地震速報
2018年1月5日am11時02分スマートホン緊急地震速報

嫌なアラーム音が鳴る。

ついに来るのか?

ついに来るのか巨大地震

椅子に座ったまま気構える。

1秒、2秒、3秒・・・・・・・30秒・・・・・・・60秒

ん?

揺れない?

これから来るのか?

NHKでは

TVのスイッチを入れNHKを見る。

緊急地震速報が出た、身を隠せと騒いでいる。

震源地は利根川河口近辺だ、水戸で震度3

けれど揺れない、ここまでは来ないのか?

小さいのか?

誤情報か?

TV画面は通常のニュースに話題が変わる。

5分が過ぎ、心の緊張を解く、通常の生活に戻ることにする。

アラーム音は嫌い

ドキっとする

しかし、精神衛生的に非常に良くない。

勝手にスマートホンのスイッチが入り、音と画面で緊急を知らせる。

不安がよぎる。

不安の時間が続く・・・

職場では

職場に10人いれば10個のスマートホンが、100人いれば100個のスマートホンが一斉に緊急地震速報を伝えただろう。

それだけでもパニックになってしまう人がいそうである。

地震が来ないのに気持ちを不安にするのは止めて欲しい。

アラームが鳴ってから地震が来ると言うのは2回も地震の恐怖を味わうことになる。

そうはいかないのは解るが個人的には過去のように本チャンの地震1回だけの方が精神的には優しい。

誤情報

茨城の地震

今回の緊急地震速報は何故誤情報となったのか?

2018年1月5日am11時02分茨城県南部地震M4.4
2018年1月5日am11時02分茨城県南部地震M4.4

今日2018年1月5日午前11時02分地震が起きた。

震源地は茨城県沖、震源の深さは40km、地震の規模はマグニチュード4.4、最大震度は3。

※ちなみにマグニチュードは地震のエネルギーの大きさ、震度は揺れの大きさ。

スマホの緊急地震速報は

ドコモでは、気象庁から配信された 「一般向け緊急地震速報」を利用して最大震度5弱以上と推定した地震の際に、強い揺れ(震度4以上)の地域(全国を約200の地域に区分)の携帯電話に一斉配信する」とある。

今日の11:02の地震は震度3なのでやはり誤情報か?

富山県でも同時発生

このとき富山県でも同時に地震が起きていた。

2018年1月5日am11時02分富山県西部地震M3.9
2018年1月5日am11時02分富山県西部地震M3.9震度3

2018年1月5日午前11時02分まったく同じ時間。

震源地は富山県西部マグニチュード3.9、最大震度は3。

富山の地震も震度は同じ3で緊急地震速報には該当しない。

しかし2つの震度3の地震がある距離をあけて同時に揺れたことで地震計が大きな地震と判断した。

地震が同時に2つ発生するということは滅多にない。

これからも同じケースには緊急地震速報が配信されることがある。