バリ島脱出の日

風向きは西風

ついにバリ島脱出の日がやってきた。

今日の午前中にバリ島からジャワ島へ移動する。

天気は晴れのち曇り、風向きは西風。

1130青空
11/30青空

3日ぶりに風向きが変わった。

空港オープン

そして今日のam07:00デンパサール空港がオーンプンした。

損をした気分になる。

今は沢山の人たちが飛行機の順番待ちをしている筈だ。

ジャカルタ経由で帰ることを決めた時に再びデンパサール発へのチケット交換は出来ないと言われていた。

例え今日デンパサールへ行ったとしても飛行機の順番がくるのは2~3日後になるだろう。

出発の準備

バリ島最後の朝食をとり、一度部屋に戻り出発の準備をする。

フロントで最後の精算を済ませ荷物をまとめる。

ホテルフロント
ホテルフロント

am10:00にこのホテルを出発だ。

運転手のディッキーがなぜか謝っている。

何?運転していくんだろう?バニュワギへ行ったことないと言ってたから楽しみだね。

えっ!急遽ゼネラルマネージャーが運転するって言いだしたって!ありゃりゃ

ディッキー可哀想にお留守番になっちゃった。

ホテル出発

荷物と人を乗せ、時間丁度に車は走り出した。

1130ホテル出発
11/30ホテル出発

およそ一週間もこのホテルに泊まったことになる。

どうせ延泊するなら遊びの時間で過ごしたかったかな。

いつか良い思い出となる日が来るだろう。

ホテルを出た車は砂利道から島一週道路の舗装された道に入ると港のあるギリマヌクへ向かった。

距離は約30kmだ。

猿がいる

10分も走ると民家が無くなり、林の中を走る、自然がいっぱいだ。

猿が道端にチラホラ見える。

車からエサを与えてるのだろうか?所どころに溜まっている。

途中、渋滞は一切なくギリマヌクへ到着、港の中もガラガラに空いている。

ギリマヌク港到着

乗船場に着くと先頭から2番目の好位置、別に競争するわけでもないのだが目の前の障害物は少ない方が気分は良い。

ホテルからここまで30分、スムーズだ。

まだ時間がかかりそうなので側の売店で何を売っているのか探索

インドネシアのスナック菓子、飲み物、昨日食べたような弁当が並んでいる。

1130ギリマヌクの港 カーフェリー02
11/30ギリマヌクの港 カーフェリー02

風景写真を撮影している間に車が動き出した。

乗船が始まったのだ。

慌てて戻るが既に順番は一番最後になっていた。

車ごと乗船

人を乗せた車は桟橋を渡り、船の中へ進みエンジンを止めた。

まだスペースに余裕がある。

満席になるまで船は動かないらしい。

フェリーは階段を上り2階が客席になっていてテレビ2台設置されていた。

船内の売店でもスナック菓子、飲み物、弁当を売っていた。

3階はアッパーデッキで自由に出入りができる。

1130ギリマヌクの港 カーフェリー
11/30ギリマヌクの港 カーフェリー

さよならバリ島

この桟橋から船が離れたらバリ島脱出成功だ。

曇ってきたが風も弱く、海況も良好。

乗船して30分後にフェリーは出航をした。

バリ島脱出、ここまでトラブル無し。