バリ島のリゾートホテルへ到着11/24 まだ噴火することを知らない 386

アグン山までの距離

250kmのドライブ

夜中12:00にリゾートホテル到着

ここはバリ島のほぼ最西端

デンパサール空港から250kmの距離だ。

東京から浜名湖のある浜松ぐらいの距離がある。

高速道路はなく一般道路を走るドライバーは大変だ。

乗ってる客も大変

小規模噴火のアグン山

4日前に小規模噴火したアグン山は飛行機が着陸する前、遠くにわずかに見えた。

白い煙も見えたが焚火の煙程度のものだった。

そのアグン山はデンパサール空港から東北東の方角に70km

このリゾートホテルからアグン山までは200kmほどある。

例え噴火しても直接的な影響はないだろう。

2日間だけちょっと良い部屋

温泉付きROOM

リゾート内を自分の部屋へ案内される。

道は真っ暗で案内がなければとても歩けない。

大きな荷物は台車で運んでくれる。

一般の部屋は満室なので最初の2日間だけ温泉付きの部屋に泊まって欲しいとホテルからの要請がありちょっと贅沢

部屋に露天風呂、もちろん天然温泉だ。

話は聞いていたが見るのは初めてだ。

塀に囲まれる部屋

コテージ一つひとつに庭があり塀で囲まれ、門まである。

門には閂が下ろされている。

蚊帳(かや)

部屋に入ると天蓋(蚊帳)付のベッドが用意され、なんともインドネシアっぽい雰囲気

ホテルの部屋
ホテルの部屋

蚊は小さなものから大きなものまでいるので蚊帳や蚊取り線香などは欠かせない。

200円ぐらいでイチゴやオレンジの香りの蚊避けクリームを売っている店もある。

現地の蚊取り線香は硬くて脆いので持参できるのなら日本製が使い易い。

ゾウさんのタオルがお出迎え

ゾウさんのタオル
ゾウさんのタオル

ベッドの上にはゾウさんのタオルが3組置かれていた。

まるでお迎えのようだ。

タオルを使うのがもったいない。

それでも崩してみると大きなタオルと小さなタオル2枚の組み合わせでできていた。

Well come fruits

Well come fruits
Well come fruits

テーブルには果物が用意され

モンキーバナナ、オレンジ、ブドウ、中央はサラク(甘酸っぱいリンゴのような味)

フォークとナイフが用意され部屋を案内したボーイが「剥きましょうか?」と尋ねてきた。

もちろん眠いのでお断りした。

旅の汗を流す

プライベートバス

部屋のプライベート温泉
部屋のプライベート温泉

お湯が満たされれば6人ぐらいは入れそうだ。

種類は鉱泉、シルバーなどは変色すると注意書きされている。

横に蛇口があり、お湯の出し入れは自分でできる。

まずはここで長旅の汗を流す。

ここちよい湯の温度、空には雲の隙間に星が見える。

ひまわりシャワー

ひまわりシャワー
ひまわりシャワー

シャワーの出水口が大きい

まるでひまわりのような大きさだ。

たっぷりお湯を浴びてさっぱり

明日からムンジャンガンのダイビングがはじまる。

おやすみなさい。




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA