今日届いた来年2018年の海へ行きたくなるカレンダー 362

2018年海のカレンダー

あと2月で正月

11月に入りあと2か月もすると正月、バリのアグン山の噴火警戒レベルも1ランク下がった。

今日、来年の2018年海に行きたくなるカレンダーが届いた。

早いものでもうそんな時期

夏は駆け足で過ぎ、秋も去ろうとしている。

先にカレンダーの6月までの写真を紹介しよう。

1&2月

2018年カレンダー マダライルカ
2018年カレンダー マダライルカ

イルカ

のんびりとイルカが泳いでいる。

波も風も無いことが鏡のような水面を見ればわかる。

水底は真っ白なサンゴ砂で遠浅な海

遠くに見える船は日本にはない船のタイプ

バハマ

これはきっとカリブ海のバハマ

バハマには人なつっこい多くの大西洋マダライルカが人間の近くに寄ってきて一緒に泳げるいくつかの海域がある。

3&4月

2018年カレンダー ガラパゴスアシカ
2018年カレンダー ガラパゴスアシカ

ガラパゴス

ガラパゴスのガラパゴスアシカ

私が水中でアシカにあったのはメキシコのラパスのロス・イスロテス

今は国定指定公園

アシカが多く棲む岩の島へ近づくと雌のアシカがやってくる。

岩へ近づきすぎると500kg以上あるオスが襲ってくるので危険

戯れるアシカの子

子供は側まで寄ってくる。

フィンを噛んでひっぱったり、手を甘噛みしたり、とっても可愛い。

グローブ無しの手の甘噛みはやや痛い

もちろん自己責任

5&6月

2018年カレンダー アカウミガメ
2018年カレンダー アカウミガメ

南の海

どこの海かはわからない

けれど水底の砂が白いので南方系の海

昔は伊豆七島のボートダイビングで良くみたアカウミガメ

最近はほとんど見ない

アカウミガメとアオウミガメ

アカウミガメとアオウミガメの違いは甲羅と頭、手足が茶色いのがアカウミガメ

黒っぽいのがアオウミガメ

その他にアカウミガメは首が太い、頭の大きさと同じかそれ以上の太さがある。

アオウミガメの首は頭の大きさより細く、くびれている。

アカウミガメの首は肥満体で首が太く、短い人に似ている。




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA