ヤツは虫なのか?魚なのか? 329

ヤツは虫なのか?魚なのか?

変わったヤツがいた

大きさ4cm

昨日潜った獅子浜で珍しい生物を見た。

深度6mの砂地に大きさ4cmほどのゆっくり動く物体。

色は砂と同じ色

保護色で離れると存在が解らなくなる。

奇妙な形

その体はとっても奇妙

からだ本体は将棋の駒のような形で凹凸がありゴツゴツしている。

色は白っぽいが横は黒、先端には黒い細い鼻のようなものが伸びている。

両サイドには大きな羽のようなものを広げ、団扇のように開いたまま

色は先端部分は白い、鳥のような毛はない

尾の付け根は細く、本体と同じようにゴツゴツしている。

尾の先端には透き通ったヒレのようなものがついている。

ゆっくり動く

そして砂地の上をゆっくりと移動している。

泳ぐのではない。

ゆっくり歩くように動いている。

多少右左に体を振りながらエサを捜しているのであろうか?

駒のような体の先端、黒い鼻の付け根部分下側に口のようなものが見える。

ヒゲのような足?

体の下にヒゲのような細い足にあたる部分を動かして体を移動させている。

何のためにこんな形になったのか?

不思議でならぬこの生命体

そときの動画がこれ

ウミテング(海天狗)

虫では無く、サカナ

実はウミテング(海天狗)と呼ばれる魚だ。

鼻が出て天狗のようなので海の天狗としてウミテングと呼ばれる。

一般の魚とは全然違う

タツノオトシゴの親戚

どちらかというとタツノオトシゴの親戚、従弟という感じ

太平洋、インド洋の浅い砂地に生息する。

その形の異様さからダイバーに人気

10~15cmになる。

エサは

小さなカニ、エビなどの甲殻類やプランクトン、小さな環形動物(ゴカイの仲間)をエサとしている。

このときもゆっくり動きながらエサとなるべきものを捜していたようだ。

時おりピクンと動き、口元を動かす仕草は口の中にエサが入った時だと思う

ヒゲのような足は腹びれが進化したものか?

見事に左右上手に足のように動かし歩いていた。




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA