八丈島の初日は雨で出発 283

八丈島の初日は雨で出発

東京羽田空港

朝から混雑

天気は雨

東京羽田空港は早朝から長蛇の列

お盆の連休開始

今日8月11日は山の日

犬をゲージに入れて旅行する人の姿も目立つ

搭乗手続きを終え出発ゲートへ向かう。

何処も朝から混んでいる。

機内

ANA1891便も満席

家族連れの賑やかな声も飛び交う機内。

お盆の帰省だろうか。

離陸する機は濡れたアスファルトの上を轟音と共に走ってゆく。

機体を持ち上げ白い雲の中を上昇していく。

雲の上は天気

5分後には白い絨毯の上

雲海の上は天気よく陽が差している。

雲の絨毯は広くひろがる。

翼が邪魔で今日の富士山は見えない。

嫌なアナウンス

八丈島の天候が悪い場合は羽田まで引き返すこともあると機長からの機内アナウンス。

そんなことになったら大変だ。

後の席はどれも満席、船も満席で八丈島へ行く足がない。

宿もキャンセル、ダイビングもキャンセル、ボートもキャンセル、レンタカーもキャンセル、レストランもキャンセル、予約したところが全てキャンセルだ。

5日間の日程も無駄になる。

下降体制

離陸後20分で下降体制にはいる。

雲の絨毯の中に潜りこんでいく。

機体はたいして揺れてない。

しばらくすると地面が見えた。

八丈島だ。

八丈島

無事到着

薄い靄の中、機体は問題なく八丈島へ到着した。

実質のフライト時間は45分

東海汽船だと10時間20分かかるが飛行機は早い。

天気は曇り

時より晴れになる予報だ。

風も弱い。

レンタカーで移動

レンタカーに乗り、宿へ直行、ダイビングの準備をしてタンクを借りに行く。

最初のポイントはどこにするか?

今日は凪になったので何処のポイントでも入れるとの話

とりあえずの調整ダイビング

三又へ

底土港の隣にある三又へ行く

気温は30℃、水温は21~24℃とやや低め

風が弱く温度差があるため海全体に靄がかかっている。

いつも使っている駐車場が今晩の花火大会の準備で使えない。

路上でセッティングをしていよいよファーストダイビング

今年の八丈島のダイビングが始まる。




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA