知って得するマスククリアの全て、出来ない人苦手な人の問題点 183

知って得するマスククリアの全て、マスククリアが苦手な人の問題点

マスククリアが出来ない人、苦手な人の心理状況と現実的状況

マスククリアが大嫌い、マスククリアが苦手、できればマスククリアはやりたくない、けれどダイビングは好き、潜りたい。

そう思っている人は多いはずです。

ダイビング中にマスクの脱装着をするような状況は滅多にあるのものではありません。

けれど、マスクに少し水の入ってくることは年中あることですね。

マスククリア嫌いの3つのパターンの人

マスククリアが大嫌い、マスククリアが苦手な人はマスクに水を入れるのが怖いパターンの人と鼻から水を吸ってしまうパターンの人、鼻から息の吐けないパターンの人と大きく3つのパターンに分けられます。



マスクに水を入れるのが怖いパターンの人

マスクに水を入れるのが怖いので興奮して次のステップが出来なくなってしまいます。

本人は鼻から息を吐いているつもりで口から息を吐いてしまいマスククリアできません。

ちゃんと鼻から息を吐いているつもりなのになぜマスククリアが出来ないのか解らず不安と怖さが広がっていきます。

また人によっては興奮のあまりマスククリアのステップを逸脱し、鼻から水を吸ったりするアクシデントに遭遇します。

この出来ない状態を繰り返すとマスククリアが大嫌い、マスククリアが苦手となります。

簡単に出来た人にはマスククリアが大嫌い、マスククリアが苦手な人はいません。

鼻から水を吸ってしまうパターンの人

鼻から水を吸ってしまう人は陸上でも鼻呼吸しかしていない人に多いようです。

鼻で息をすう習慣が身についていれば水中でも口で息を吸えず鼻で水を吸ってしまいます。

でも、考え方を変えてみましょう。

風邪で鼻が詰まってる時は誰だって口で息をします。

また、マラソンで走っているときは口で息をしてますし、全力で走った後にも口で息をします。

必要な時には誰でも口で息をしています。

できるという気持ちと経験で解決できますよ。

ちなみに顔をやや下向きにして鼻から息を出し続けていれば鼻に水は入りにくいですよ。

鼻から息の吐けないパターンの人

顔に水があたると鼻から息の吐けない人は気持ちでは鼻から息を吐いています。

けれど現実には口から息を吐いてしまっているのでマスククリアができません。

このような人は不思議とマスクを装着して普通に呼吸しているときは鼻から息を吐いている人が多いようです。

水中にいるということで体が興奮して息を吐く部分が感覚的にずれてしまっています。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA