知って得するマスククリアの全て、なぜ水が入るの? 182

知って得するマスククリアの全て、なぜ水が入るの?

マスクに水が入る原因は色々あります。

以下に9つの原因を紹介します。


マスクが合ってない、マスクの位置が悪い場合

①マスクが顔にフィットしていない

顔にフィットしていないマスクや大きすぎるマスク、隙間が空くようなマスクを使えば当然水が入るので自分の顔にピッタリあったマスクはとても重要です。

人の顔の形は皆さん同じではないですね。

顔が大きい、小さい、長い、丸い、四角い、鼻の高い、低い、大きい、小さい、ほほ骨が出てるなど色々です。

顔にフィットしたピッタリ合ったマスクは試着して確かめるしかありません。

試着の仕方は以前にご紹介しました

ダイビングをするなら是非、自分の顔に合ったマスクを最初から使用するようにした方が良いですよ。

顔に合ってないマスクを使用するとダイビングの楽しみは半減します。

②マスクの装着位置が悪い

マスクの位置が悪いと水が入ります。

例えばマスクから鼻が表に出てしまったり、鼻がブタの状態、鼻の穴がスカートに触れている、このような状態だとマスクと皮膚の間に隙間が出来て水が浸入しやすくなります。

③マスクストラップの位置が悪い

マスクストラップの位置が下過ぎるとマスクの位置が下に下がってきて水が入り易くなります。

またマスクストラップの位置が上過ぎてもマスクの位置が上に上がって鼻がブタの状態になり水が入り易くなります。


スカートに挟まる場合

④髪の毛がマスクに挟まる

髪の毛が額のあたりでマスクに挟まると水が少しづつ入ってきます。

毎回挟まる人は髪の毛が入るのが当たり前だと理解して装着後にマスクの上部だけを持ち上げた状態で、反対の手で挟んだ髪の毛をかき上げて下さい。

髪の毛の短い人は問題ないですが髪の毛の長い人はゴムでまとめたり、ダイビングキャップやバンダナなどで髪の毛を押えると良いですよ。

⑤フードがマスクに挟まる

フード装着時にはマスクのスカートにフードが挟まって水が入る時があります。

マスク装着後にフードと顔の間に指を入れて全体に回すように動かして挟まったフード部分を出して下さい。

または最初にマスクを装着して後からフードをかぶるとマスクにフードが挟まることはありません。

⑥マスクのストラップが挟まる

マスクストラップの余った部分が長いとストラップの内側に挟まることがあります。

この場合もスカートに隙間が出来て水が入ります。

ストラップの余分な部分が長く垂れないように調整しておきましょう。

マスクを顔から大きく離し、状況により反対の手で挟んだストラップをかき上げ、それから顔の良い位置に戻してください。

⑦スカート部分が内側に半折れになっている

スカート部分が内側に半折れになってしまっている場合は隙間が出来て水が入ってきます。

マスクを顔から大きく離し、それから顔の良い位置に戻してください。

スカート部分の一部が半折になった時は顔からマスクを大きく離すとゴムの弾性で元の形に戻ります。

その他の理由

⑧笑ったりマウスピースを咥えなおすとシワができる

笑うと鼻の横にシワができたり、マウスピースを咥えなおすとシワができ、そのシワに沿って水が入ることがあります。

これは入ってもしょうがないですね。

⑨わざと水を入れる

マスクが曇って視野が確保できない時、わざと水を入れることがあります。

マスクの曇り止め準備をしっかり済ませておきましょう。

マスクの曇り止めについても以前にご紹介してます。



返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA