潜る前にはやってみよう、耳抜きの陸上練習

バルサルバ法(鼻をつまんで鼻をかむ)なら練習可能

耳抜きが苦手な方や初めて潜る方は耳抜き(耳の圧平衡の)の練習を事前にしておくと良いですよ。

バルサルバ法(鼻をつまんで鼻をかむ)なら練習ができます。

今まで1度も耳抜きをしたこと無い方がいきなり海へ行ってスキンダイビングをしたときに耳抜きが出来るかと言うと難しいものがあります。

もちろん耳の耳管の通りが良い方ならそれでも可能かもしれません。

けれど、ほとんどの方は手こずることでしょう。

人によっては耳が抜けてるのかどうかさえ分からない方もいます。

陸上で練習することで

潜降のときに耳抜きを上手にするには陸上でも簡単に耳抜きが出来るようになっておくことです。

耳の圧平衡する器官は高度の移動が無い限り、陸上ではあまり使うことが無い器官です。

体は変わる

年中耳抜きの練習をすると体が耳抜きの必要性を感じ耳抜きが簡単にできるように変わっていきます。

耳抜きの練習は最初はソフトに耳にあまり負担をかけないようにしてください。

慣れてきたら各々耳抜きのできる強さで練習しましょう。

上記と相反することを言いますが耳抜きが出来ない方は耳に送る息の力が弱い人に多いようです。

最初は耳抜きの練習をソフトにするのは耳への負担を軽い状態から慣らしていくためです。

練習回数は

最初の練習する回数は3回を1セットとして朝昼晩と1日3セットの練習をです。

最初は耳抜きが出来ない時もあると思います。出来ない数を含めて1セットは3回までとして耳を休ませてください。練習したくても半日休んでからまた1セット3回の耳抜き練習をしましょう。

最初は3回とも出来なくてもやがて3回のうち1回出来るようになり、やがて3回のうち2回出来るようになり、3回全て出来るようになっていきます。

慣れれば減らせる練習回数

慣れて簡単に出来るようになっても上手くいかない時は無理せず長い時間休んでから試してください。

簡単に上手に出来るようになったら1日1回の練習に変え、海へ行く直前には練習回数を増やしましょう。




ダイビングの耳抜きは陸上で練習すると上手くなる 166続編

投稿ナビゲーション


コメントを残す