ご紹介、スキンダイビングの最初は楽な休息の姿勢を覚えよう 156

スキンダイビングの最初は休息のポジションを覚えよう

水に入る前に器材の装着に慣れる

まずスキンダイビングの練習をするにはマスク、スノーケル、フィンの3点器材の装着に慣れてください。

陸上で結構ですので何回も取り付けて外してください。

だんだん慣れて、早く的確な位置に装着できるようになります。

これは実際プールや海へ行く前に器材へのストレスを減らす練習です。

ストレスを軽減することは脳の働きを押え、息を止める時間の延長につながります。

 

スノーケルの使い方を覚える

スノーケルを使うのが初めての方はスノーケルの使い方から覚えましょう。

お風呂でも良いのでお湯につかってマスクとスノーケルを着けてみてください。

水面で呼吸をしてみよう

お湯に顔をつけてスノーケルで呼吸をしてみてみましょう。

楽に呼吸が出来るようになれば第1ステップ合格です。

スノーケルクリアを覚える

第2ステップはスノーケルクリアーの練習です。

顔を湯に着けたままスノーケルを口から外してください。

外す前には息を大きく吸って止めてくださいね。

スノーケルに水が入ったら再びスノーケルをくわえ一瞬で息を吐いて下さい。

勢いが良ければスノーケルの中の水が全て排出されると思います。

軽く息を吐いたのでは水はあまり排出されないので一瞬で勢いよく息を吐くのがコツです。

吐いた後は残ってるかもしれない水を吸い込まないように熱いコーヒーをすするようにゆっくり息を吸ってください。

何度でも一息で簡単にスノーケルクリアが出来るようになったら第2ステップ合格です。

これもストレスが軽減することにつながるので息を止める時間の延長につながります。

でも浸かりすぎてのぼせないようにしてくださいね。

 

水面で楽にやすめる休息の姿勢をマスターする

この後はプールか穏やかな海の背の立つ場所で練習してください。

まずは休むことを覚えてください。

マスク、スノーケル、フィンの3点器材を装着した状態でいつまでも休める姿勢を覚えてください。

楽に休むにはうつぶせ大の字

スキンダイビングをしていて一番楽な休息のポジションは水面でスノーケルをくわえてうつ伏せの状態で全身の力を抜いて浮くことです。

楽に水面で休息する姿勢

 

足も手もやや広げ、力を抜き、顔はやや前を見ます。

全身の力が抜けないとバランスが悪く沈み気味になります、全身の力が抜けると浮いてきますよ。

真下を見すぎるとスノーケルの先端が水中に沈み、水が入ります。

休息のポジションが出来るようになったらしばらくそのまま慣れてください。

水面で立つ姿勢は疲れる

背の立たない深い海では水面で立つ姿勢になると顔の半分以上沈むので反射的に立ち泳ぎをして疲れてしまいます。

水面でうつ伏せの状態で大の字になると楽に浮いていられ、楽に呼吸もできるのでスキンダイビングを実施するときには必ず休息のポジションを覚えてください。

休息のポジションを覚えたらこの姿勢に慣れてください。

そのままバタ足をすればスノーケリングになります。

疲れたらまた足をとめ休息のポジションで休みます。

 




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA