ご紹介、素人でもわかるスノーケリング 142

スノーケリングとは

夏に備える

今年の夏は海で遊びたい。

川で遊びたい。

そんな人が気軽にできるスノーケリングやスキンダイビングの仕方、コツ、練習方法を連載でご紹介しましょう。

スキンダイビングとはスクーバタンクなどを使用せず息を止めて水中に潜ることです。

マスク・フィン・スノーケルの3点器材を使用し、水中の世界を眺めたり、さらに水中に潜れたら楽しいですね。

スノーケリングとは

似たものにスノーケリングというものがあります。

スキンダイビングと同じように マスク・フィン・スノーケルの3点器材を使用して水面に浮いて泳ぎながら水中の中を見て楽しむことをスノーケリングと言います。

スノーケリングは水中に潜水することを目的としてません。

水面で浮いている状態で楽しみます。

スノーケリングでもイルカを見たり、マンタを見たりできるポイントもあります。

マスク・フィン・スノーケルを着けるのは

マスク

マスクを装着するのは水中の景色や魚達をハッキリ見るためです。

絶対ではありませんが目や鼻に水が入り難くなります。

スノーケル

スノーケルを使えば水中を見ながら楽に呼吸が出来ます。

水泳の呼吸のような息継ぎを覚えることも無いのでとても楽です。

フィン

フィンを履けば泳げない人でも水泳の選手のように早く泳げるようになります。

また楽に泳げるので安全、安心にもつながります。

背が立てないと怖い人は

慣れてない方で足が着かない深さが怖い方は浮力のあるウエットスーツやフローティングベストを着用して楽に浮いていられることを確認してからスノーケリングを楽しんでも良い方法です。

ウエットスーツは浮力がある

なぜウエットスーツが浮くかというとウエットスーツはネオプレンゴムから出来ています。

保温性を高めるためにネオプレンゴムの中に独立した気泡が数多く入っています。

ゆえに浮力が有り、柔らかく、弾力性がありクッションの役もします。

その結果ウエットスーツを着用すると保温性があるので長い時間水に浸かって遊べるようになります。

ウエットスーツは体を守る

また保温だけなく、外傷から身を守り、日焼けやクラゲからも体を守るので安全性が増します。

もちろんスノーケリングにしろスキンダイビングにしろ一人での実施は禁物、必ずベテランの人にサポートしてもらいましょう。




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA