ダイビングレポート、チャガラの秘密 103

1ダイブ目の忘れ物

No,101からのつづき

1ダイブ目を潜っていて話し忘れたことがありました。

それはワカメを見つけたテトラポッド周辺を潜っていたときでした。

中層を泳ぐハゼの仲間を見つけました。

そのハゼの名前はチャガラです。

チャガラ00

ちょっとおちゃらけてる名前ですね。

オレンジ色の線が目に1本、体側に6本入っているのがわかります。

水底に棲まないハゼ

ハゼの仲間のほとんどは水底に棲んでいます。

あるものは石の下、あるものは穴の中、あるものは砂の上。

そして水底にあるエサを捜し廻っています。

チャガラは石の下や水底の穴には棲みません。

中層を泳ぐハゼ

いつも見つけるときは水底から少し離れた中層です。

チャガラ

そのほんどは群れで移動しています。

泳ぐといってもそんなに早くありません。

中層のプランクトンなどのエサを食べながらゆっくり移動してます。

大きさは8cmほどです。

赤っぽく見えます。

ヒレの綺麗なハゼ

このチャガラ、実は背ビレや尻ビレがとても綺麗なのです。

しかし直ぐ側で見なければその綺麗さはわかりません。

水中で見るとき、ほとんどの場合側へ近寄れません。

見たいと思って近づいても怖がって逃げてしまいます。

チャガラ01
チャガラ2

このヒレを見るには

この綺麗なヒレを見る方法は2つ

ひとつは今見てるように頑張って画質の良いカメラで撮影したものをトリミング(編集のひとつの方法)して拡大して見る方法。

ふたつめの方法は釣るか網で捕獲したものを透明な容器に入れて見る方法です。

さらに背ビレと腹ビレの部分だけズームアップしてみます。

チャガラのヒレ

とっても綺麗です。

背ビレは青ラメの3本の線に挟まれて上が黄緑、下は赤。

尻びれは下半分が青ラメ線に挟まれた黄色、その上が赤になっています。

一般の人がチャガラを知っていることは少ないです。

チャガラを知っているダイバーがいても知られていないチャガラの秘密です。




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA