ダイビングレポート、シマウミスズメ 100

シマウミスズメ

パンダ岩でリターン

No,99のつづき

すぐ沖にパンダ岩と呼ばれる岩があります。

以前、通称パンダボヤなる可愛いホヤが着いていたのでそう呼んでいます。

パンダボヤ

1ダイブ目の最終目標地点

このパンダ岩でリターンして引き返します。

するとカジメ(海藻)の影にゆっくり泳ぐ魚が一匹。

角のあるハコフグ

ハコフグのようでハコフグではない。

角が生えています。

7cmぐらいの大きさ

色はやや暗い感じ、線はハッキリ見えませんでした。

けれど形から言えばシマウミスズメです。

江之浦では久しぶりに見る魚です。

シマウミスズメ

その時、撮影した写真がこれです。

おちょぼ口で円らな瞳、憎めない顔です。

箱形の体はハコフグの仲間であることを表しています。

箱形は早く泳げない

ハコフグの仲間は体形が箱なので抵抗が大きくあまり早く泳ぐことができません。

ヒレも小さく、止まってる時は尾びれを閉じています。

目の斜め上に角があるのがわかりますか?

角があるか 角がないか

ハコフグ

角が無ければハコフグ、角があればウミスズメの仲間です。

シマウミスズメにも角があり、下記写真のように青ラメの線があります。

青ラメ線

上記のシマウミスズメは水温が低い影響で青ラメ線が少しくすんでいます。

元気なシマウミスズメは下記写真のように体の模様全体が青ラメ線で目立ちます。

元気なシマウミスズメ 大瀬崎

ウミスズメには青ラメの線はありません。

ハコフグとウミスズメの大きさは成魚で15cmほど

シマウミスズメはやや小さく10cmほどになります。

伊豆近辺ではハコフグ、ウミスズメ、シマウミスズメの3種類を覚えていれば十分です。

ウミスズメt 角はある、青ラメ線なし 神津島

3種類の見分け方

角無しはハコフグ

角有りがウミスズメ

角と青ラメ線有りがシマウミスズメ

 




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA