ダイビングレポート、海底遺跡 与那国島 アッパーテラスと側溝 89

海底遺跡 アッパーテラス

アッパーテラス

先に進むと深度は浅くなり、アッパーテラスと言われているフラットな場所に出ます。

フラットな場所は高さが三段ぐらいに分かれていて楽に行き来ができそうです。

ここの岩の角も全て直角に切られています。

ニザダイなどの魚たちがフラットな岩の表面に着く藻などの海藻を喜んで食べています。

うねりに体を任せながらユラユラ浅場に移動します。

側溝

フラットなテラスの一部に明らかに側溝と思える溝があります。

深さも幅も側溝として十分役に立ちそうです。

この海底遺跡がまだ陸上にあった時はこの側溝の中を水が流れていたのでしょう。

それは大雨が降った時か?

料理をした時か?

祈祷をした時か?

何か溝が必要な理由が有ったのでしょう。

この宮殿の上部にはそんなに水が有ったのでしょうか?

料理をするにも、祈祷をするにも、溝を水が流れるほどは使用する必要も無かったでしょう。

また、この高いテラスの場所でわざわざ料理を作ったとも思えません。

 

拝場

与那国遺跡05

さらに進むと少しだけ深くなってきます。

そして大きな窪みがあります。

大きな窪みの奥は丸く行き止まりになっています。

ここはお祈りをした拝場だと言われています。

何に向かって拝んでいたのでしょうか。

雨が降ったらこの窪みに水が溜まりそうですね。

 

カメのモニュメント

窪みを後ろへ下がると三角形に削られた岩が現れます。

カメのモニュメントと言われています。

三角形がちょうどカメの頭になるらしいです。

こんな上手に三角形が自然に出来るのでしょうか?

やはり人工的に作られたような気がします。

与那国遺跡06

 




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA