ご紹介、江之浦の海 5月~6月 45

江之浦の海

江之浦の5月~6月の海

(上記は神奈川県江之浦海岸の一年間の海水温の状態です。)

5月の海

5月中旬頃に水温は18℃になります。

ワカメはほとんどが枯れて古くなった根と芽カブだけが残り、先端から溶けて無くなります。

透明度は濁った状態が続きます。

観たい方は必見!アオリイカの産卵 15」で紹介した高級イカのアオリイカ(バショウイカ)が産卵を始めます。

産卵する場所は深度6~20mのカジメやホンダワラなどの海藻、多い時は20~40匹ものアオリイカが集まります。

植物プランクトンも動物プランクトンも増え、水温も上がって魚達にとって子孫繁栄のベストシーズンが始まります。

魚達の動きも活発になり、数も増えてきます。

産まれたての稚魚も増えていきます。

ダンゴウオは2.5cmほどの成魚の大きさになり5月末には姿を消します。(何処に行くのか今だ未解明?)

6月の海

6月に入りアオリイカの産卵は続きます。

産卵場所のタマゴが密集すると違う場所へ引っ越して産卵します。

ワカメの痕跡は根だけになります。

「美容と健康に良い女性の味方」ということで近年ギバサの味噌汁などがTVで紹介されました。

ホンダワラの仲間、アカモクという海藻でこの時期に最成長6~7mになります。

産まれた稚魚たちはプランクトンを食べ育ち、その稚魚たちもエサとして捕食されます。

また成長した魚達は産卵の時期を迎えます。

①あるものは水底の岩に着底卵を産み

②あるものは中層に浮遊卵を産み

③あるものは表層に浮性卵を産みます。

そして

①の着底卵だけ親が孵化するまで一週間程度、ヒレで卵に水をかけ世話をします。

②と③の浮遊卵、浮性卵は産みっぱなし、ほったらかしで海流の流れにまかせます。

およそ1ヶ月半続いたアオリイカの産卵は6月末になると終了します。




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA