知ってますか?空と海はなぜ青いのか 3

空はなぜ青い

今日は11月3日、文化の日、明治天皇の誕生日

皇居では文化勲章の授与があったのでしょうね。

そして青いですね、空が青いです。

久しぶりの良い天気、快晴です。

暖かくて気持ち良いです。

 

空が青いのは太陽からの光

虹と同じ7色の光が太陽から降り注ぎます。

普通の光は太陽から直接地表に届き、それが太陽の色に見えます。

青色だけ空に広がる

7色の光の中で波長の短い青色は地球の大気圏に入ると大気の分子と何度も当たり空一面に広がっていき、空が青く見えます。

空が白っぽく見えるときは水蒸気が沢山ある時です。

海が青く見えるのは

海が青く見えるのもこれに似ています。

水深の深い海では波長の長い赤色などは水の分子に吸収され、波長の長い青色だけ水中を深く通過していき青色に見えます。

水深が浅いところでは青く見えないのは水底の色に吸収されたり反射したりしているからです。

透明度が良い海だけ

また水の透明度が良く無いと青く見えません。

青色が水深、深く通過していけないからです。

海が青く見えるのも太陽の光のおかげですね。

陸に近い海では川から陸水が入ったり、海岸にあたる波で水底の砂が巻き上げられているので濁っていることが多いです。

なので陸に近い場所で濁っているような場所では青い海になりません。

何処へ行けば見える

インディゴブルーの海を見たい方は陸地から離れた遠い沖の海へ行くと見られますよ。

黒潮があたっているような沖の海ではインディゴブルーの目の覚めるような綺麗な色をしています。

みたいな~ インディゴブルーの海

 

明日はまた気温が下がるようなので風邪などひかないように気をつけて暖かくして休んでください。




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA